【VWのキャンピングカー】フォルクスワーゲンの新型車、キャディ・ビーチ 9月欧州発表へ

2020.08.04

サマリー

VWは、キャンピングカー仕様の最新型キャディの予告画像を公開しました。9月発表の予定です。キャンプ時に便利な機能や、新しいドライバーアシストが追加され、最上位で122psを発揮するそうです。

もくじ

新型キャディにキャンパー仕様
19のドライバーアシスト機能を搭載

新型キャディにキャンパー仕様

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

独フォルクスワーゲンは、まったく新しいキャンピングカー・バージョンで、最新型キャディのラインナップを拡大する。

今回、レンダリング画像が公開された「キャディ・ビーチ」は、新型キャディ発表から7か月後となる、9月に披露される予定となっている。

フォルクスワーゲン・キャディ・ビーチの予告画像
フォルクスワーゲン・キャディ・ビーチの予告画像

大型のカリフォルニア、グランド・カリフォルニアと同様の快適さを提供する「まったく新しく開発されたインテリア」が特徴だという。

暗くすることが可能なパノラマガラスルーフ、カリフォルニアのベッドと同じディスクスプリングを採用した約2mのベッドを装備。

テールゲートには、軽量なキャンプ・チェア2脚とテーブルをしまい込むことが可能。収納バッグをリアウインドウに固定すれば、プライバシースクリーンとして使うこともできる。

19のドライバーアシスト機能を搭載

全車速対応型のステアリング・アシストや、クルーズコントロール用のトラベルアシストなど、19の運転支援機能も搭載。

これらは、キャディ・ビーチを含むすべてのキャディ・ラインナップで選択可能となっている。

フォルクスワーゲン・キャディ・ビーチの予告画像
フォルクスワーゲン・キャディ・ビーチの予告画像

パワートレインは、75psから122psを出力するディーゼルエンジンを用意。新しいツインドージング触媒還元システムの採用により、世界で最もクリーンなユニットの1つとなっている。

また、116psを発揮するTSIガソリンエンジンも提供される。

 

人気記事