【小さなボディに150ps】フォルクスワーゲンTクロス・エボ Rラインへ試乗

公開 : 2020.08.10 10:20

フォルクスワーゲンでは最小のクロスオーバー、Tクロスへ、1.5Lのパワフルなエンジンを搭載した「エボ」が登場。数多くのライバルが存在する中で強みはどこにあるのか、英国編集部が一般道で評価しました。

もくじ

小さなボディに150psの1.5Lを搭載
好印象な走りとしなやかな乗り心地
燃費優先で消極的なエンジン
フォルクスワーゲンTクロス 1.5 TSIエボ150 Rライン DSG(英国仕様)のスペック

小さなボディに150psの1.5Lを搭載

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フォルクスワーゲンでは最も小さなクロスオーバー、Tクロスへ、排気量の大きいエンジンが搭載された。といっても最近のコンパクトとしては、という注釈が付く。排気量は1.5Lだ。

Tクロスは、英国編集部でも評価の高いコンパクト・クロスオーバー。車内は快適で、走りもまとまりが良い。

フォルクスワーゲンTクロス  1.5 TSIエボ150 Rライン DSG(英国仕様)
フォルクスワーゲンTクロス 1.5 TSIエボ150 Rライン DSG(英国仕様)

これまで選べたエンジンは、数種類の出力設定がされた1.0Lのガソリンとディーゼルエンジンのみ。今回追加になったのは、最高出力150psを発生する1.5Lの直列4気筒ターボ・ガソリンとなる。

トランスミッションは7速デュアルクラッチATが組み合わされ、前輪駆動。8.5秒で0-100km/h加速をこなす。燃費は15.3km/Lで、二酸化炭素の排出量は148g/kmとなっている。

グレードはRラインとなり、通常よりスポーティに仕立ててある。ホイールは18インチだが、ポロより少し長い全長4.1mのボディには、かなり大きめといえる。英国での価格は、オプションを付けない状態で2万7785ポンド(375万円)だ。

Tクロスのインテリアの設えは、納得できる仕上がり。Rラインの場合、メーターパネルにはモニターが収まり、センターモニターは8インチのタッチ式となる。すべての素材感は、フォルクスワーゲンらしい。見た目も良く、ソリッド。

ステアリングホイールやハンドブレーキなどは感触が良いが、ドアのアームレストなど、柔らかい素材ならもっと良いと感じる部分もある。後部席側の素材は特に、傷が付きやすそうだ。

好印象な走りとしなやかな乗り心地

エアコンの操作は、モニターではなく実際のボタンで行える。レーンキープ・アシスト機能のオン・オフも、ステアリングホイールのボタンを押すだけで済むから、扱いやすい。

一方で筆者の場合、丁度いい運転姿勢を得にくかった。シート高を下げると、座面の前方が上がってしまう。ステアリングホイールの位置は、背もたれを起こし気味にしないと、腕を真っ直ぐ伸ばす格好になってしまう。

フォルクスワーゲンTクロス  1.5 TSIエボ150 Rライン DSG(英国仕様)
フォルクスワーゲンTクロス 1.5 TSIエボ150 Rライン DSG(英国仕様)

事前に自分の体に合うかどうか、試した方が良いだろう。リアシートの空間は悪くない。スライドも可能で、荷室を広げたり足元空間を広げたり、調節できる。

走りは好印象。高速走行時の安定性は高く、ステアリングの操舵感は洗練され、動きも正確。重み付けや直進性、セフルセンタリングの強さも丁度良い。

フォード・プーマの方がより反応が機敏。全長の長いキア・クロスシードの方が、少しおっとりしている。

リア・サスペンションはトーションビーム式で、ダンパーはアダプティブではない通常のもの。ほとんどの場面でしなやかな乗り心地を得られるが、試乗車より小径のホイールなら、路面の影響はさらに受けにくいだろう。

試乗車のタイヤサイズは215/45 R18だったが、荷室の床下に収まっていたスペアタイヤは205/55 R16だった。このサイズの方が、乗り心地は良いはず。

エンジンは静かで滑らかだが、AT任せの走りはさほど刺激的ではない。DSGは可能な限り高いギアを保ち、Tクロスを進めようとする。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事