【すべてを兼ね備えたサルーン】ミドルサイズ高級セダン 魅力的なモデル 10選

公開 : 2020.08.17 17:50

6位 スコダ・スパーブ

スコダ・スパーブは、サイズ、車内空間、快適性、そして価格に見合った質感など、多くの点で優れている。

高級なライバルが多く存在するこのクラスでは、コスト面ではスパーブが圧倒的に優位に立っている。ブランド力では明らかに劣るが……。

スコダ・スパーブ
スコダ・スパーブ

それでも、購入者はスパーブの快適で洗練された走りと、広い車内空間に惹かれることだろう。

燃費はスコダが語るほど良くはないが、新型スパーブiVプラグイン・ハイブリッドを選ぶのであれば、ランニングコストはさらに低くなるはずだ。

7位 ボルボS90

7位にランクインしたのは、ボルボS90だ。

印象的なデザインはV90やXC90と共通しており、安全装備にも力を入れているため、ファミリー層の購入者にとっては注目に値するモデルである。

ボルボS90
ボルボS90

また、スタイリッシュなインテリア、広々とした車内、快適で走りやすいオンロード性能とハンドリングもボルボの魅力だ。

メルセデスEクラスと同様に、S90はスリルよりも快適性を重視して設計されており、その両方の面で優れているBMW 5シリーズやジャガーXFの後塵を拝している。

また、最近では高価な選択肢となっていることも引っかかる。400ps近いプラグイン・ハイブリッドモデル、T8リチャージは、英国では5万5000ポンド(760万円)以下で手に入れることはできない。

8位 アルピナD5 S

6万ポンド(827万円)を超えるアルピナD5 Sは、決して安いクルマではない。ベースとなっているBMW 5シリーズなら、もっと安く手に入れることができる。

しかし、アルピナの価格設定に疑問を持つ人は、まだアルピナに乗ったことがない人が大半であろう。

アルピナD5 S
アルピナD5 S

ツインターボディーゼルのD5 Sは、0-100km/h加速が5秒未満とハイパフォーマンスでありながら、高速道路では21km/lという低燃費を誇る。

シャシーのチューニングにより、ゆったりとした乗り心地とダイナミックなフィジカルを実現。並みいるライバルとの違いはここにある。

「M」以外で究極の5シリーズをお求めの方には、ガソリンエンジン搭載のV8 B5ビターボもお勧めするが、D5 Sなら、同じ能力をより少ない金額で手に入れられる。

バイエルン秘伝のお宝だ。

9位 レクサスES

これまでのレクサスGSが姿を消し、その空席を埋めたのがESだ。旧モデルをよりスマートにした前輪駆動のセダンである。

最新のトヨタRAV4と同じTNGA GA-Kプラットフォームを採用し、2.5L 4気筒エンジンに電気モーターを組み合わせて218psの合計出力を発生する。

レクサスES
レクサスES

レクサスが最も得意とするのは街中だ。ハイブリッド・パワートレインが最もスムーズに回り、電気だけで短時間走ることができるため燃費も良好。

では、BMW、アウディ、メルセデスと比べて遜色ない魅力を備えているかというと、そうとは言い切れない。

インテリアは比較的快適で質感も高いが、ドイツのライバル車のような使い勝手を欠いており、インフォテインメントシステムは操作しづらい印象を受ける。

前輪駆動であるため、走りのバランスはBMW 5シリーズやジャガーXFといった後輪駆動モデルに軍配が上がり、パワートレインには鋭さが足りない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事