【0-100km/h加速 2.8秒短縮】トヨタ・ランドクルーザー・プラド改良型、欧州に登場 ディーゼルパワーアップ

公開 : 2020.09.09 11:20  更新 : 2021.01.28 18:17

新型2.8Lディーゼルエンジンを搭載したトヨタ・ランドクルーザー・プラドが英国で発売されました。0-100km/h加速のタイムを3秒近く短縮しながら、燃費には影響なし。運転支援システムも更新されています。

加速力が大幅アップ 税にも有利

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

トヨタは、英国で販売するランドクルーザー(プラド)に新エンジンを搭載し、パフォーマンスと燃費を向上させるとともに、グレードの展開をスリム化した。

新しい2.8L 4気筒ディーゼル・ターボは、最近ピックアップトラック「ハイラックス」にも採用されたもの。英国仕様では、パワーは176psから203psに、トルクは45.7kg-mから51.0kg-mに向上している。

ランクル・プラドに「速さ」が加わった。
ランクル・プラドに「速さ」が加わった。    トヨタ

仕様にもよるが、これにより、0-100km/h加速のタイムは最大で2.8秒も短縮されるという。同時に、アイドリングストップ機能が全車に標準装備されているため、燃費は「わずかに改善された」という。

さらに、この新しいエンジンはRDE2(新NOx排出基準)に準拠しているため、英国では現行モデルよりも低い税率で購入でき、所有初年度に325ポンド(4万5000円)の節約ができることになる。

運転支援もアップグレード

グレード展開も見直された。

標準の乗用車仕様は、3ドアまたは5ドア、5人乗りまたは7人乗りから選択可能だ。価格は約2000ポンド増の4万2345ポンド(594万円)から。

ランドクルーザー・プラド
ランドクルーザー・プラド    トヨタ

8.0インチのタッチスクリーン、スマートフォンとの接続機能、17インチ・アルミホイール、キーレスエントリー、ヒーター付きドアミラーが標準装備されている。

5ドア、7人乗りの「インビンシブル」グレードは5万7490ポンド(806万円)から。追加装備としては、3ゾーンエアコン、シートヒーター&ベンチレーション(フロント)、リアディファレンシャルロック、テレインセレクター、クロールコントロール、アダプティブ・バリアブル・サスペンションなどがある。

インビンシブルではオプションのブラックパックを指定することも可能で、グリル、ミラーハウジング、ライト周り、サイドモール、リアのクリアレンズにブラックバーツが装備される。

商用車仕様の「コマーシャル」は、ベースの「ユーティリティ」グレードが3万5925ポンド(504万円)から、「アクティブ」グレードが4万2175ポンド(591万円)からとなっている。また、Android AutoとApple CarPlayが標準装備されている。

先進運転支援機能も充実させている。プリクラッシュ警告システムが歩行者や自転車を検知できるようになったほか、アダプティブ・クルーズ・コントロールやレーンキーピングアシストが標準装備された。

また、車載システムも改良され、ホーム画面はカスタマイズ可能となり、より迅速に入力に応答するようになった。

イギリス市場における改良型ランドクルーザーの注文受付は開始されており、納車は10月中に始まる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事