【理想的なレストモッド】イーグル・ライトウエイトGT Eタイプへ試乗

2020.09.13

サマリー

ジャガーEタイプの、よくあるレストモッドだと思ったら勘違い。チタンにカーボンファイバー、オーリンズ製のダンパーで武装し、心の底から運転したいと思えるクルマだと、英国編集部は満点の評価を与えます。

もくじ

現代の量産車のように楽しめるEタイプ
見た目はEタイプでも、中身は別物
残るEタイプらしいフィーリング
心の底から運転したいと思える
イーグル・ライトウエイトGT Eタイプ(英国仕様)のスペック

現代の量産車のように楽しめるEタイプ

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
筆者好みのロードカーを追求したら、こんなクルマになるのかもしれない。充分に軽量なら、必要以上にパワフルである必要はない。

エンジンはドライバーの前にあって、駆動輪はドライバーの後ろが良い。エンジンは4気筒以上が望ましい。トランスミッションはMTだ。

イーグル・ライトウエイトGT Eタイプ(英国仕様)
イーグル・ライトウエイトGT Eタイプ(英国仕様)

全幅は少し狭い方が好み。一般道で、より楽しめる。サスペンションは4輪ともに独立懸架式で、ディスクブレーキは必須だろう。

こんな条件が当てはまるクルマの1つが、1960年代のジャガーEタイプ。新車当時の状態を保っていれば、一般道では魅力的なドライブを味わる。しかし、最高というわけでもない。

加速は、さほど鋭くない。減速も同様だ。舗装のコブや隆起部分を超えると、不安定になる。もし本気で攻め込んだ走りをすれば、壊れてしまう可能性も充分にある。

一方で、今日的な条件に合わせて設計された、ジャガーEタイプがあったらどうだろう。現代の工業精度で細部までこだわり抜かれ、量産車のように運転に興じれる、普通のEタイプがあったのなら。

そんな願いを、強い情熱で叶えようとすれば、イーグル・ライトウエイトGTが生まれるのだろう。ただのレストモッドではない。このイーグル・ライトウエイトは、突出して特別だ。

日本の読者にとって、イーグルというブランドは聞き慣れないものかもしれないが。

 
最新試乗記

人気記事