【理想的なレストモッド】イーグル・ライトウエイトGT Eタイプへ試乗

公開 : 2020.09.13 10:20

残るEタイプらしいフィーリング

ブッシュやアーム、スプリング、ダンパー、ロールバーなど、サスペンションはすべてイーグルのオリジナル。軽量に仕上げるため、オイルサンプやベルハウジング、デフケース、ハブやホイールは、マグネシウムが用いられている。

エンジンのインテークはカーボンファイバー製。エグゾーストはチタン製だ。

イーグル・ライトウエイトGT Eタイプ(英国仕様)
イーグル・ライトウエイトGT Eタイプ(英国仕様)

バッテリーはリチウムイオンで、ドライブシャフトは中空。まだまだ続くが、書ききれないので写真をご覧いただきたい。

見た目だけでなく、フィーリングにもEタイプらしさが残っている。車内空間を広げるため、リアのバルクヘッドの位置が変更されているが、ドライビングポジションはEタイプのまま。ダッシュボードの先に、先端の見えないボンネットが伸びる。

イーグル・ライトウエイトGTで何よりも良いのが、レースカーに見えても、公道用に仕立ててあるところ。エンジンは低回転域でのトルクが厚く、回転数の上昇とともにシャープさを増していく。

ボディ剛性は、もとのEタイプよりはるかに高い。しかしオーリンズ製の調整式ショックアブソーバーを備え、バネはまだ充分にソフト。姿勢制御も素晴らしい。

車重は1tをわずかに超える程度。快適さを高めてくれる、大きめのシートとエアコンを諦めれば、1tを切る。そうすれば、ポルシェ911 GT3 RSに匹敵するパワーウエイトレシオを獲得することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事