【日本限定】シトロエンC3の特別仕様車「C3インスパイアード by ジャパン・コレクション」

2020.09.17

サマリー

シトロエンが、日本限定の特別仕様車を発表。「C3インスパイアード by ジャパン・コレクション」は、翡翠、杏、硯という3種類のテーマを用意。それぞれ異なるアクセントカラーで着飾っています。

もくじ

内装はキャラメル・エディションのレザー
ブロンズ、橙、グレーのアクセント

内装はキャラメル・エディションのレザー

シトロエン日本法人は、小型ハッチバックのシトロエンC3の特別仕様車、「C3インスパイアード by ジャパン・コレクション」を発売した。

フランスのデザイン・チームが監修し、日本独自のカラーアクセントを与えられた1台だ。

C3インスパイアード by ジャパン・コレクションの「翡翠」。
C3インスパイアード by ジャパン・コレクションの「翡翠」。

日本の色彩表現をモチーフとした特別な3種類のカラーアクセントは、和名を取り入れていることかわも分かる通り、この国だけに向けたコーディネイトである。

内装は、7月に発売された特別仕様車「キャラメル・エディション」と同様のブラウンのテップレザーとされている。

外観では、フォグランプ・ベゼル、エアバンプのアクセント、ドアミラー、ルーフステッカーを、本特別仕様車だけのためにコーディネイトしたカラーで仕上げている。

ブロンズ、橙、グレーのアクセント

画像は、アーモンド グリーンの外装色の「翡翠」(Hisui)。フォグランプ・ベゼルとエアバンプがブロンズになっているほか、ルーフステッカーがブロンズ/ブラックにペイントされている。

この他にも、サーブルの外装色の「杏」(Anzu)は、フォグランプ・ベゼルとエアバンプがマットオレンジに、ルーフステッカーがオレンジ/ブラックに。

7月16日に発売された特別仕様車「C3キャラメルエディション」と同様のブラウンのテップレザーで内装を仕立てている。
7月16日に発売された特別仕様車「C3キャラメルエディション」と同様のブラウンのテップレザーで内装を仕立てている。

ブラン バンキーズの外装色の「硯」(Suzuri)はフォグランプ・ベゼル、エアバンプ、ドアミラーがタプナード(グレー系)に、ルーフステッカーがタプナード/ホワイトで仕上げている。

パワートレインはいずれも110ps/20.9kg-mの直3ターボと6速ATの組み合わせ。

「C3インスパイアード by ジャパン・コレクション」の価格は、翡翠、杏、硯ともにペイントオプション込みで256万9000円。

 

人気記事