【詳細データテスト】メルセデスAMG GLE 53 度を越さない程度に速い ステアフィールやや不自然 隠しきれぬシャシーの硬さ

公開 : 2020.10.25 08:50  更新 : 2020.10.31 22:05

結論 ★★★★★★★☆☆☆

メルセデスAMGの53モデルをロードテストの俎上に載せるのは、このGLEが2例目だ。最初のテスト対象は2年前のCLS 53だが、今回はそれより1ポイント低い採点となった。

というのも、CLSと同じくらい明確で、気持ちいいくらい絶妙なパフォーマンス性を備えながら、ドライバーズカーとしては同じくらいすばらしいものになっていなかったからだ。

結論:運動性能の万能ぶりはみごとなものだが、ドライバーへのアピールは足りないところがある。
結論:運動性能の万能ぶりはみごとなものだが、ドライバーへのアピールは足りないところがある。    JOHN BRADSHAW

走りのクオリティは幅広いもので、GLE 53を多才で現代的な高級SUVたらしめている。しかし、そのさまざまな資質の中で、ドライバーを引きつける部分はひときわ輝くというほどではなかった。

室内は広く、全般的に洗練されたこのクルマは、快適で落ち着いていて、テクノロジー面の性能も高い。もちろんラグジュアリーで、運転はこの上なくイージーだ。走りは融通が効き、さまざまな目的に適う。しかも速く、安全で、強力なグリップと納得できる俊敏さも持つ。

ところが、もっと激しく走らせたり、運転を楽しんだりしようという気になれないことがしばしばある。その一因は、やや煮詰めの甘かったハンドリングにある。

少なくとも周囲に溶け込みはじめれば、GLE 53はライバルたちよりも日常使いされるシーンが想像しやすいクルマだ。しかし、それがクルマのある生活をどこまで豊かにしてくれるかと言えば、それには明らかな限界がある。ともかく、われわれにとっては、つまらなく思える要素がちょっとばかり多いのだ。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

電動チルト式の2列目シートは、3列目へのアクセスを楽にしてくれるはずだが、動きが遅い。そして、うっかりチルトせずに3列目のシートバックを引き上げてしまうと、ヘッドレストが2列目クッションの下にすぐ引っかかってしまう。この構造は再考の余地がある。

サイモン・デイヴィス

低速域やパートスロットルでのエンジン音は、もう少し芸があってもよかったのではないか。低回転では調子っ外れで、できればいかなる場合にも聞かされたくないような音だ。

オプション追加のアドバイス

プレミアム・プラス仕様は、高いリセールバリューが見込める。ドライバーアシスト関係はフル装備で、ブルメスターのオーディオや22インチ鍛造ホイールまで付いてくるのだ。プレミアム仕様を5995ポンド(約84万円)上回るだけの価値はある。あとはお好みで、メタリック塗装を選ぶなら685ポンド(約9.6万円)が必要だ。

改善してほしいポイント

・ステアリングは、レスポンスの一貫性と手元に伝わるフィードバックを高めてほしい。
・22インチホイール装着車のセカンダリーライドはファインチューンの必要がある。パフォーマンスSUVとはいえ、ライバルたちはこれくらいの大きさのホイールをもっと上手く扱っている。
・インフォテインメントのバグをなくしてもらいたい。

 

人気記事