【詳細データテスト】メルセデスAMG GLE 53 度を越さない程度に速い ステアフィールやや不自然 隠しきれぬシャシーの硬さ

公開 : 2020.10.25 08:50  更新 : 2020.10.31 22:05

走り ★★★★★★★★☆☆

GLE 53には、驚くほど控えめな印象がある。それは、速くて高級なSUVなら、能力の大きな広がりとともに、走りの性質の中核にありがちな要素だ。そうだとしてもこのクルマの場合、走りが制約を受けている感覚がもっとも印象に残るのだ。

本当のところ、この多面的な最新の高級車は、あまりにもこなせる役割が多すぎて、枚挙にいとまがないほど。息を呑むほどではないが十分に速く、もっともスポーティなモードを選べば度を越さない程度に熱くしてくれる。

0-97km/hの実測値は5.4秒で、これは0-100km/hの公称値に対して0.1秒遅れ。ゼロヨン加速タイムは13.9秒で、2016年にテストしたベントレー・ベンテイガのW 12モデルの0.5秒落ちだ。

GLE 53のマイルドハイブリッドユニットは、瞬発的なトルクデリバリーやスロットルレスポンスの点で新たな境地を開いたようには思えない。しかし、高いギアでも、使える動力性能はかなりのものだ。瞳孔が開くほど速くはないが、間違いなく関心は引くだろう。

走行モードを切り替えれば、6気筒のエキゾーストノートの大小も好みのままに変えられる。このエンジンのサウンドはスイートでナチュラル。最大音量でも、デジタルサウンドによる補正は明らかに軽めだ。

しかし、もっとも静かなときには本当に洗練され、スムースで控えめ。その大きな助けになっているのは、ひどい渋滞や市街地で、きわめて穏やかにエンジン停止と再始動を自動で行う48Vハイブリッドシステムだ。

AMGスピードシフトTCTは、Dレンジではときとして9段から適切なギアを選び損ねることがある。だが、マニュアルモードでの変速はじつにクイックで、一度でシフトダウンできないことはめったにない。たとえそれで、レブリミットの500rpm手前まで回転が跳ね上がるにしてもだ。

 

人気記事