【詳細データテスト】メルセデスAMG GLE 53 度を越さない程度に速い ステアフィールやや不自然 隠しきれぬシャシーの硬さ

公開 : 2020.10.25 08:50  更新 : 2020.10.31 22:05

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

リラックスして長距離を流すのが目的であれば、GLE 53はおおむね成功したクルマだといえる。サスペンションにはどっしり感があり、ハイペースで走り続けても、大柄なボディをコントロール下に置き続けられるが、大きめの穴やくぼみを乗り越える際にはかなりのしなやかさもみせてくれて心強く思える。

メルセデスの乗り心地に関するアクティブ制御は明らかにかなり賢く作動している部分もあるが、名前にマジックと謳うシステムほどではない。低速域でのGLE 53の乗り心地は、22インチホイールやほかの速いSUVよりややスポーティなシャシーの存在を思い出させる。舗装の粗いつぎはぎを乗り越える際には突き上げられ、跳ねる音まで明らかに聞き取れる。それらは、アウディSQ7あたりならほぼ体験せずに済むものだ。

スムースな路面の高速道路では車外からくる音や振動を遮断してくれるが、低速で粗い舗装に遭遇するとシャシーのスポーティさやホイールの大きさを痛感することになる。
スムースな路面の高速道路では車外からくる音や振動を遮断してくれるが、低速で粗い舗装に遭遇するとシャシーのスポーティさやホイールの大きさを痛感することになる。    JOHN BRADSHAW

セカンダリーライドにも問題はみられるのだが、だからといって不快というにはほど遠いのもまた事実だ。とはいうものの、この手の速いSUVのなかでも最高レベルの洗練度を求めているなら、大きな凹凸を避けて走るか、22インチホイールを装着しないか、どちら選ぶことをおすすめする。

スムースな高速道路なら、乗員を外乱から遮断する能力は、どちらかといえば優れているほうに入る。エンジンのハミングは背景音に溶け込み、ドアミラー周りの風切り音は多少あるものの、長距離走行時に疲労の原因となるようなほどではない。

113km/h走行時に計測した騒音レベルは65dBで、2016年にテストした旧型のディーゼルエンジンを積むアウディSQ7や、ベントレー・ベンテイガの初期モデルと同じ数値。AMGチューンであろうとなかろうと、かなりリファインされたクルマだといっていい。

 

人気記事