【詳細データテスト】メルセデスAMG GLE 53 度を越さない程度に速い ステアフィールやや不自然 隠しきれぬシャシーの硬さ

公開 : 2020.10.25 08:50  更新 : 2020.10.31 22:05

内装 ★★★★★★★★☆☆

AMGのバッジに期待するものはあるだろうが、大きく重いドアを開けても、カーボンやアルカンターラを使いすぎるくらい使った最上級V8モデルのようなインテリアを目にすることはない。この53モデルはその代わりに、標準モデルの高級感はそのまま、多少のスポーティさを付加して、やや上級にみせている。

ダッシュボード中段には、センターコンソールと同じ見栄えのいいダークなウッドパネルが張られ、その中央には長方形の送風口が4つ並ぶ。また、ふんだんに用いられたクロームの装飾や、調色可能なアンビエントライトは、暗い色合いの室内に魅力的なコントラストをもたらしている。

V8搭載の63系に比べれば、過剰な演出のないインテリア。非AMGのGLEと変わらぬ高級な質感と雰囲気を感じさせつつ、わずかな変更でパフォーマンスモデルであることを控えめに主張している。
V8搭載の63系に比べれば、過剰な演出のないインテリア。非AMGのGLEと変わらぬ高級な質感と雰囲気を感じさせつつ、わずかな変更でパフォーマンスモデルであることを控えめに主張している。    JOHN BRADSHAW

キャビンはこのクルマにふさわしい、高級感や高価そうなルックスとフィーリングを備えている。そこにあって高度なテクノロジーを誇示する歓迎すべきアイテムが、MBUXインフォテインメントシステムを構成するデュアルディスプレイだ。

この53の室内において、パフォーマンスカーらしさを匂わせるのが、鮮やかな赤いシートベルトや控えめなAMGバッジ、サポートの効いたバケットシートだ。

おおむね、装備の充実したラグジュアリーな雰囲気に包まれる場所だといえる。しかし、テスター陣の中には、ダッシュボード上面を覆う、合成皮革であるアーティコレザーには満足できないという声もあった。

機能的な観点からすれば、GLEはじつによくできている。フロントシートとステアリングコラムはいずれも電動調整式で、シートそのものは長距離を走っても十分にサポートしてくれて快適だ。パワードームが盛り上がった広大なボンネット越しの視界は、期待通りに見通しが利く。

乗員スペースは、このクラスとしては適度な広さだ。2列目シートは前後スライドが可能で、レッグルームは最大800mm。940mmのヘッドルームは、ずば抜けてはいないが上々といったところだろう。プレミアムプラス仕様はパノラミックサンルーフが装着されるが、それでもこれだけの頭上空間が得られるのだ。

3列目は小柄な子どもを座らせるにとどめておくのが無難だ。とはいえ2列目を前へ押し出せば、あまり背の高くない大人なら短い間はそこそこ快適に過ごせるはずだ。

 

人気記事