【詳細データテスト】メルセデスAMG GLE 53 度を越さない程度に速い ステアフィールやや不自然 隠しきれぬシャシーの硬さ

公開 : 2020.10.25 08:50  更新 : 2020.10.31 22:05

意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆

GLEの全バージョンをみると、仕向け地や搭載エンジンによって5種類のサスペンションが用意されている。英国ではほかの市場より多い6機種のパワートレインが設定され、トランスミッションは標準仕様とAMG仕様の2種類。さらに、ローレンジを追加できるオフロードパッケージが、一部グレードで選択でき、牽引やハードな悪路走行を想定したユーザーに対応する。

全長は、先代モデルに比べ105mm、歴代で唯一ラダーフレームシャシーを採用した初代Mクラスに対しては30cm以上長い。基本は5座だが、ほとんどのバージョンで7座仕様が選択でき、GLE 53については7シーターが標準仕様となる。

パワートレインは、53の名を持つAMGモデルに共通のメカニズム。足回りにはGLE唯一の3チャンバー式エアサスペンションが与えられる。
パワートレインは、53の名を持つAMGモデルに共通のメカニズム。足回りにはGLE唯一の3チャンバー式エアサスペンションが与えられる。    DAIMLER AG

ベースとなるのはSUV用プラットフォームのモジュラー・ハイ・アーキテクチャー(MHA)。ボディはアルミと高張力鋼の混成モノコックで、サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクだ。

英国仕様でもっとも安価な4気筒ディーゼルのGLE 300dには、車高調整機能のないスティールのコイルスプリングのみを設定。それ以外では車高調整が可能なエアサスが標準装備されるが、グレードによりメカニカルな差異がある。

英国以外の市場では、AMG仕様ではない6気筒や8気筒に、E-アクティブボディコントロールを組み合わせた仕様が販売されるところもある。これはカメラで前方の路面を検知し、サブのハイドロニューマティックアクチュエーターでスプリングとダンパーのレートを調整。凹凸に先取りして対応するほか、コーナーリング時にロール姿勢をコントロールすることもできるシステムだ。

GLE 53の足回りは専用のセッティングとなる、3チャンバー式のエアボディコントロールをベースにしたAMGチューンのスポーツサスペンション。このAMGライドコントロールには、48V電装系のメリットを生かした作動の速いアクティブロールキャンセル機能も備わる。

E-アクティブボディコントロールほどには車体の質量を処理できないが、センサー技術は同じものを使用。スキャンした前方の路面状況に応じ、前もってサスペンションの横剛性をアジャストする。

ほかのAMG 53モデルと同様、パワーユニットは3.0L直6ガソリンターボに、電動スーパーチャージャーと48Vマイルドハイブリッドのアシストが加えられたもの。トランスミッションは9速のATだが、通常モデルの9Gトロニックより素早いシフトを可能にするAMGスピードシフトTCTだ。

 

人気記事