【オープンでもスーパーファスト】フェラーリ812 GTSへ試乗 0-100km/h 3.0秒 339km/h超

公開 : 2020.11.13 10:20

劇場的な刺激を楽しめる至福の時間

ステアリングの操舵時の重さは、モードを変えても同じ。もう少し、反応が穏やかでも良いと思うドライバーもいるはず。

筆者がフェラーリ812スーパーファストを運転してからしばらく経つが、熱狂度合いは、812 GTSの方が若干穏やか。ダンパーが少し柔らかいのかもしれない。フォールディング・ルーフで増えた車重のせいかもしれない。

フェラーリ812 GTS(英国仕様)
フェラーリ812 GTS(英国仕様)

不安定さはみじんもない。800psもある後輪駆動で、路面の温度が低い11月だから、無茶はできない。それでもルーフを開けたり閉じたりして、劇場的な刺激を楽しみながらのドライブは、至福の時間だ。

ルーフを開いても、バッファー音の発生は小さい。ルーフを閉めても、リアウインドウだけを開けることができる。エグゾーストノートを直接車内に響かせられる。

個人的には、アストン マーティンDBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテがお気に入り。でも、フェラーリ812 GTSの積むエンジンの荘厳さは別格。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ ロードスターも、同様に見事なエンジンを積んでいる。ただし向こうは、スーパー・グランドツアラーというより、オールドスクールなスーパーカーといった雰囲気が強い。

812スーパーファストは、クラスでの真の勝者となるには、長距離走行に対応できる乗り心地でわずかに及ばなかった。少しシャシーが柔らかくなり、角の取れたフェラーリ812 GTSは、スーパー・グランドツアラーという性格付けに適っている。とても。

フェラーリ812 GTS(英国仕様)のスペック

価格:29万3150ポンド(3957万円)
全長:4693mm
全幅:1971mm
全高:1276mm
最高速度:339km/h
0-100km/h加速:3.0秒以下
燃費:6.1km/L
CO2排出量:373g/km
乾燥重量:1600kg
パワートレイン:V型12気筒6496cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:800ps/8500rpm
最大トルク:73.1kg-m/7000rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事