【電動でオープン・ドライブも】フェラーリSF90スパイダー PHEVの新型オープン・モデル登場

公開 : 2020.11.13 14:50

フェラーリの新型オープンカーが発表されました。「SF90スパイダー」は、プラグイン・ハイブリッドを搭載し、システム最高出力は1000ps。快音なしのモーター走行で25km走ることができます。

もくじ

SF90スパイダー そのデザインは?
SF90スパイダー エアロダイナミクス
SF90スパイダー 内装
SF90スパイダー パワートレイン
SF90スパイダー eマネッティーノ/シャシー
SF90スパイダー 主要諸元

SF90スパイダー そのデザインは?

伊フェラーリが、PHEVクーペ「SF90ストラダーレ」のオープン仕様となる「SF90スパイダー」を発表した。

同社は、「跳ね馬初の量産プラグイン・ハイブリッド・スパイダーとして、フェラーリのラインナップはもとより、スポーツカー全体に、高い性能とイノベーションの新たなベンチマークを打ち立てました」と紹介している。

フェラーリSF90スパイダー
フェラーリSF90スパイダー

SF90スパイダーのリトラクタブル・ハードトップ(RHT)は、閉じたときには、ノイズを遮断して風雨から守り、高速走行中も変形することなく車内の快適性を確保する。

わずか14秒でオープンまたはクローズができ、走行中もその操作を行えるものだ。

一般的なシステムでは、格納のために150~200Lのスペースを必要とするが、フェラーリの最新RHTは100Lで済むコンパクトなものになっている。

重量面でもアドバンテージを有しており、アルミニウム製構造のため、一般的なシステムより約40kg軽量。また、電動リア・ウインドウによって、ハイスピードのオープンエア・ドライブも快適に楽しむことができる。

車体構造は、ストラダーレ同等のシャシー剛性を確保すべく、車両の表面を造形し直し、トノカバーをクーペのBピラーと滑らかに融合。

ヘッドレスト後方のバットレスは、ボディパネルの下から隆起してきたかのように調和させ、その姿は、デザイン面の妥協を感じさせない。

スパイダー仕様のコクピットは前方に移動し、ルーフは20mm下がり、Aピラーはスレンダーに、フロント・ウインドウの傾斜角度は大きくなっているという。

リアビューで際立つのは、ハイ・エグゾーストパイプと低いテール・セクション。引き伸ばされた光のリングは、テールライトの横方向のつながりを意識させ、伝統の丸形と大胆な決別を果たしている。

SF90スパイダー エアロダイナミクス

ストラダーレではルーフの直後に排気口を備えていたが、RHTを積むSF90スパイダーでは、リアスクリーンに水平のルーバーを加えている。

その配置は、高速走行中のエアロダイナミクスを妨げずに、効率的に「煙突」の役割を果たすよう、精密に決められたものだという。

フェラーリSF90スパイダー
フェラーリSF90スパイダー

また、SF90スパイダーが発生するダウンフォースを決めるのが、車両のテールに装備される特許取得の空力デバイス「シャットオフ・ガーニー」だ。

クーペと同等のパフォーマンスを確保するため、開発陣はテールに向かう空力的フローをマネージメントする必要があった。

シャットオフ・ガーニーは、2つのパーツから構成されるつり下げ式エレメントで、1つは固定パーツ、もう1つは前方部分がくさび形になっている。

このシステムをコントロールするのは、速度、加速度、ステアリング・ホイールの角度、ブレーキペダルの圧力といったパラメーター。1秒間に数百回も確認し、ダウンフォースを増やす必要のあるシチュエーションで、即座にシステムを稼働する。

ロー・ドラッグ時には、気流にはほとんど影響を与えず、ハイ・ダウンフォース時にはロー・ドラッグの状態では空気が通過するエリアを、可動エレメントが下がってふさぐ。

これにより、可動パーツと固定パーツが空力的な形状を作り出し、そこに突き当たる気流をそらすことで、ダウンフォースの発生量を大幅に増加させるのだ。

これ以外にも、車両前方のボルテックス・ジェネレーターの最適化、空力を追及した鍛造ホイールの形状変更などが行われている。