【70年の伝統と進化】モーガン・プラス4 コンペティションと70thアニバーサリー 後編

公開 : 2020.11.28 16:50  更新 : 2020.12.08 08:18

英国を代表するオープンスポーツのモーガン・プラス4は2020年に誕生70年を迎え、新世代のプラス・フォーへとバトンタッチします。その歴史と希少なコンペティション、70thアニバーサリーをご紹介しましょう。

もくじ

ピーター・モーガンが初代オーナー
エンジンもモス製の4速MTもオリジナル
50年代後半のスポーツカーらしさが好き
モーガンの伝統を継承するという意味
2台のモーガン・プラス4のスペック

ピーター・モーガンが初代オーナー

text:Jack Phillips(ジャック・フィリップス)
photo:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
モーガン・プラス4 70thアニバーサリーにも、パワーアシストはなく操舵は重い。しかし驚くほど扱いやすい。小径なモトリタ製ステアリングホイールを回せば、一体感を味わえる。時々路面から乱されるが、モーガンを操縦する実感は濃密。

プラス4コンペティションのダッシュボード右端には、アームストロング・セレクタライドと呼ばれる調整式リアダンパーのダイヤルが付いている。ただしパットンのクルマでは、機能していない。

モーガン・プラス4コンペティション(1966年)
モーガン・プラス4コンペティション(1966年)

「システムは、ニュートラルの位置から変わりません。コーナー途中で、片側だけハードになったり、ソフトになったり、ということもあります」。と、パットンが教えてくれた。

彼は、LAB 118Dというナンバーが付いたモーガンのオーナーになってから、その経歴を調べた。「過去の記録を確認すると、ワークスカーだったことに気付いたんです。とても驚きました」

「最初は、ピーター・モーガンの名前で登録されていました。彼は、ラリーなどの競技に好んで参加していたんです。モーガンの歴史に詳しい人物へ連絡を取ると、このクルマの古い写真が沢山出てきました」

「プラス4スーパースポーツのように公認を取るため、ピーターが開発テストをしていたようです」。と話すパットン。素晴らしいプラス4コンペティションの過去だといえる。

「しかし、そのことを知る人は多くいませんでした。ピーターがクルマを売却すると、消息が消えます。しばらくしてエジンバラで、動かない状態で発見。見つけた人物は、見事なレストアを施しています」

エンジンもモス製の4速MTもオリジナル

「その後プラス4コンペティションは、妻の意見で売却。彼はデリントン製の4分岐マニフォールドから、特別なクルマだと知っていたようです。エンジンも、モス製のトランスミッションも、ファクトリー仕様。オリジナルのままなので、大切に扱っています」

トランスミッションはダブルクラッチですぐに同期し、変速できる。アクセルを踏み込むと、エンジンは積極的に回転数を高める。シフトレバーの扱いに慣れれば、すべてが落ち着く。無心になって路上を走り回れる。

モーガン・プラス4コンペティションとモーガン・プラス4 70thアニバーサリー
モーガン・プラス4コンペティションとモーガン・プラス4 70thアニバーサリー

トルクは太く、どのギアでも運転しやすい。排気音は、回転数が高まっても変化は乏しい。プラス4に乗っているより、外で聞いていた方が心地良いかもしれない。もちろん、運転席で聞いていても素晴らしい。

この特徴は、70thアニバーサリーでも受け継いでいる。低回転域から、軽いボディを陽気に引っ張る。

トランスミッションは優秀なマツダ製だから、思う存分遊べる。フレッシュなプラス4 70thアニバーサリーの回転数をしっかり高めて、シフトアップ。右足の力を感じ取るように、モーガンは軽快に走る。

路面にヒビが入っているような区間では、祖先と変わらずガタガタと振動音が立つ。でも短時間だし、ボリュームも小さい。むしろ、これもモーガン劇場の1つ。

プラス4は1966年式でも2020年式でも、息を呑むほど速いわけではない。しかし、肘周りが切り取られたドアの横を吹く風と、ドライバーを包むノイズで、不足ないほどエキサイティング。充分なスピード感がある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事