ポルシェ・マカンの4気筒モデルは2015年から

公開 : 2013.12.11 19:45  更新 : 2017.06.01 02:14

ポルシェのエンジニアによれば、マカンの4気筒エンジン・モデルは2015年にデビューするという。1995年に968が生産を中止して以来のポルシェの4気筒モデルになるという。

エンジンはガソリンおよびディーゼルが用意される。エントリー・レベルの2.0ℓガソリン・ターボは280bhp程度になる。また価格的なリーダーとなる2.0ℓターボ・ディーゼルも用意される。共にライバルはレンジローバー・イヴォークだ。

デビュー時のマカンのラインアップは、335bhpの3.0ℓV6ツインターボのマカンS、254bhpの3.0ℓV6ディーゼルのマカン・ディーゼルS、394bhpの3.6ℓV6ツインターボのマカン・ターボだ。マカン・ターボは0-100km/h加速4.8秒を誇る。

ポルシェはライプツィヒ向上で年間50,000台の生産を行ってきたが、4気筒モデルが追加されると、その数は更に上がると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事