【RAV4、ハリアーの兄貴分】トヨタ・ハイランダー 英国で8年ぶり復活 2021年1月発売予定

公開 : 2020.12.04 06:05

日本では「クルーガー」の名で知られるトヨタの大型SUV、ハイランダーが英国に再導入されます。一時撤退していたものの、4代目となる最新モデルが2021年1月に復活。トヨタのSUVラインナップを強化します。

もくじ

カムリと同じプラットフォームを採用
全長約5m、3列シートの大型SUV

カムリと同じプラットフォームを採用

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

4代目となる新型トヨタ・ハイランダーが、英国に再導入されることがわかった。2013年に発表された先代モデルでは英国から撤退していたが、8年ぶりの復活となる。

初代ハイランダーは日本でも「クルーガー」の名で販売されていた大型SUVだが、フルモデルチェンジを経ることなく消滅。北米やオーストラリアなどでは人気があり、昨年のニューヨーク・モーターショーで現行モデルの4代目が発表された。カムリと同じTNGA-Kプラットフォームを採用している。

トヨタ・ハイランダー
トヨタ・ハイランダー    トヨタ

2021年1月4日に英国で発売されるハイランダーは、244psのハイブリッド・パワートレインを搭載する四輪駆動のみの設定となる。WLTPサイクルのCO2排出量は146g/km、牽引能力は2000kgとされている。

発売時には、エクセルとエクセル・プレミアムの2種類のグレードが用意される。エクセルは20インチアルミホイール、レザーシート、3ゾーンエアコン、パノラマルーフとJBLのサウンドシステムを標準装備し、5万595ポンド(700万円)から。

エクセル・プレミアムは、パノラマルーフ、ヘッドアップ・ディスプレイ、リアシートヒーター、360度カメラを搭載して5万2275ポンド(723万円)からとなっている。

また、アダプティブ・クルーズ・コントロールやレーン・キーピング・アシストを含む運転支援システムのトヨタ・セーフティセンスを備えている。

パワートレインは、2.5Lガソリンエンジンと電気モーターを搭載するトヨタ最新のハイブリッドシステムを採用。EVモードやトレイルモードなど、4つのドライブモードを用意している。

全長約5m、3列シートの大型SUV

ボディサイズは全長4950mm、全幅1930mm、全高1730mm。658Lのトランク容量を備え、2列目と3列目シートをフラットに折り畳んだ場合は1909Lに拡大できる。

2列目シートは180mmスライドさせて3列目の足元を広くすることができる。ホイールは20インチのアルミを装着。

トヨタ・ハイランダー
トヨタ・ハイランダー    トヨタ

トヨタによると、室内には多数の収納スペースがあり、フロントと2列目シートにはUSBポートが装備されているという。

ハイランダーを英国に導入する理由は、ハイブリッド車とSUVのカテゴリーを強化するためだ。先日発表されたヤリス・クロスに続き、C-HR、RAV4、ランドクルーザーなどトヨタのSUVラインナップがさらに補強されることになる。

初代ハイランダーは2000年に日本と米国で発売されて以降、一時はトヨタのSUVの中で最も売れるモデルとなったが、RAV4に抜かれてしまった。

なお、日本やオーストラリアで「クルーガー」と呼ばれているのは、ヒュンダイ・テラカンの一部グレードで「ハイランダー」の名が使用(商標登録)されていたためだ。

 

人気記事