【AMG 63登場】メルセデスAMG GLS 63日本発売 GLE/クーペには「63 S」 48Vマイルドハイブリッド搭載

公開 : 2020.12.16 18:15

メルセデスAMGの新型SUVが日本発売。「GLS 63」「GLE 63 S/同クーペ」という3モデルです。価格はいずれも2000万円級。612psのV8に、48VマイルドHVを組み合わせます。

もくじ

「GLS」「GLE」に、AMG 63シリーズ
V8ツインターボ+マイルドハイブリッド
内装/シャシーは? 新ホイールも
ADAS/日本価格

「GLS」「GLE」に、AMG 63シリーズ

メルセデスAMGが、ベンツSUVのフラックシップ「GLS」 の「AMG 63」シリーズを日本発売した。また、上級SUVとなるGLEの「63 S」シリーズも登場している。

AMG 63モデルとして初めて48V電気システムと電気モーター(ISG)を搭載したのが特徴だ。

3列7人乗りのSUV、メルセデスAMG GLS 63 4マティック+。
3列7人乗りのSUV、メルセデスAMG GLS 63 4マティック+。

前者は「メルセデスAMG GLS 63 4マティック+」。後者は「メルセデスAMG GLE 63 S 4マティック+」「メルセデスAMG GLE 63 Sクーペ4マティック+」を導入。

パワートレインは、V8ツインターボに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを組み合わせた。

これに、可変トルク配分を行う四輪駆動システム「AMG 4マティック+」、走行安定性を高める「AMGアクティブ・ライド・コントロール」などの最新の技術を組み合わせて走行性能を追求した。

内外装の装備は、MBUX、12.3インチのワイドスクリーン2面構成、マルチビームLEDヘッドライト、温冷機能付きカップホルダー、ワイヤレスチャージング、フットトランク・オープナー(テールゲート自動開閉機能)などを備え、トータルバランスにも優れている。

デザイン面では、縦にルーバーが入るAMG専用ラジエターグリルを新採用。

AMGレッド・ブレーキキャリパー、AMGスポーツエグゾースト・システムなどのAMG 63専用装備を備え、トップパフォーマンスモデルとしての存在感を主張している。

V8ツインターボ+マイルドハイブリッド

エンジンは、メルセデスAMGが自社開発した4.0L V8ツインターボ「M177」。最高出力612ps、最大トルク86.7kg-mを発揮。

燃料消費の効率性を求め、「コンフォート」モードで走行中に、エンジン回転数が1000~3250回転で低負荷の際に、2/3/5/8番の4気筒を休止する「AMGシリンダーマネジメント」も搭載した。

AMG GLE 63 S 4マティック+クーペ
AMG GLE 63 S 4マティック+クーペ

ISGはエンジンとミッションの間に配置され、最高出力21ps、最大トルク25.5kg-mを発生。

この電気モーターと48V電気システムにより、回生ブレーキによる発電を行い、約1kWh容量のリチウムイオンバッテリーに充電する。

エンジンの低回転時には動力補助を行い、また、スターターが高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、再スタート時の快適性も向上した。