【初期のリコール対応に問題】ホンダCR-V 英国で約7万8000台リコール 2代目モデル

公開 : 2020.12.18 06:05

ホンダの2代目CR-Vが、英国でリコールを受けることになりました。2012年に行われたパワーウィンドウに関するリコール対応に不備があり、最悪の場合は火災につながる恐れがあるとのこと。対象は約7万8000台。

パワーウィンドウに水分が溜まる可能性

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ホンダは英国で約7万8000台のCR-V(2代目)をリコールすると発表した。

同社の英国部門は、2002年から2006年の間に英スウィンドン工場で製造された7万7836台がリコールの影響を受けていることを認めている。

ホンダCR-V
ホンダCR-V

この問題は、パワーウィンドウ・マスタースイッチ(PWMS)の「内部への液体の露出を防ぐ」ために2012年に行われたリコールに起因している。

当初の対応ではスイッチにブチルテープが貼られていたが、ホンダは現在、「貼られたブチルテープとPWMSケースの間に隙間が存在する可能性がある」と認め、水分が溜まってスイッチ内に入り込む可能性があるとしている。

液体がPWMSに入ると、ショートする可能性がある。発熱によりPWMSが溶けて膨張し、隣接する部品から煙が発生して、最悪の場合は火災になる恐れがあるという。

影響を受けたCR-Vの所有者には書面で連絡され、ホンダの正規ディーラーまたは修理業者が無料で作業を行う。