【詳細は?】プジョー208燃費5%向上 208/e208グレード呼称変更

公開 : 2021.02.24 22:05

PSAジャパンは、プジョー208/e208に燃費向上などの商品改良をおこない販売を開始しました。

WLTCモード燃費値5%向上

PSAジャパンは、プジョー208/e208の商品改良をおこない、2021年2月24日より販売を開始した。

208/e208は、欧州カー・オブ・ザ・イヤーや日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したモデル。

プジョーe208
プジョーe208

今回の改良では、ガソリンエンジンの全グレードでWLTCモード燃費が5%向上(17.9km/L、旧数値は17.0km/L)、排ガス基準4つ星レベル(50%低減認定車)を取得。エコカー減税の対象となった。

また、最上級グレードの「GTライン」が「GT」へと呼称が変わり車体各部のエンブレムが変更されるとともに、17インチ・アロイホイールのカラーがダークグレーになった。さらに、「GT」のグレードでフロントシートヒーターが標準化された。

価格(税込)は、249万9000円(208スタイル)から、426万円(e208 GT)。全5グレードの展開。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

プジョー 208の人気画像

×