BMW M235i

公開 : 2014.01.21 22:30  更新 : 2017.05.29 18:00

■どんなクルマ?

旧いBMW 1シリーズ・クーペに代わるモデルで、3シリーズのプラットフォームのより短いホイールベースと狭いトレッドを持ったモデルがこの2シリーズだ。今までの1シリーズ・クーペよりも若干サイズ・アップしているが、期待に反してそのボディ重量は、残念ながらほぼ同じである。

今回テストしたのは、322bhpを発揮する3.0ℓのストレート6ターボ・ユニットを搭載し、パドル・シフトを持つ8速オートマティック・ギアボックスを備えたモデル。もちろん、6速マニュアルを選ぶことも可能だ。

新しい2シリーズは、ボンネット、フロント・フェンダー、ドアを3ドアの1シリーズと共有するが、アーキテクチャーは一新されている。また、エンジニアによれば、乗り心地が改善されているという。M135iと比べてM235iのスプリングは固められ、ダンピング・レートが上がり、バンプ・ストップがリデザインされた。また、シャシーが再調整され、限界付近での扱いやすさや、バンプに対するリアクションが低減されているのだという。

■どんな感じ?

M235iは、本来M135iのクーペ・モデルに期待していたそのものを具現化したクルマである。

あまりに分厚いステアリング・ホイールのグリップがフロント・ホイールの動きを微妙に伝えきれないのが残念だが、スポーツ・モードではステアリングの重さも程度で、正確で素晴らしいコーナリングを見せる。また、ミシュラン・タイヤも高いGフォースを引き出す。少なくとも今回試乗したサーキットに於いては、秩序正しいシーケンスがM235iのパフォーマンスを最大限に引き出すのだ。

ブレーキを解除し、スロットルを深く踏み込む。すると3000rpmから上、ストレート6は充分すぎるパワーを発揮する。そのパワーは、一瞬トルク・ピークの4500rpmを越えたあたりで一瞬萎えるが、レブ・リミットの7250rpmまで綺麗にまわる。サウンドも心地よい。そのパフォーマンスは0-100km/h加速4.8秒というタイムを持つ。

M235iのストッピング・パワーは安定感があり確実だ。シャシー・バランスは良く、ドライビングもイージーだ。アンダーステアもほとんどなく、高いコーナリング・スピードでもステアリングは充分な重さでレスポンスを返してくれた。また、コーナーがうねっているような場合でも、このシャシーはそのうねりをうまく吸収してくれた。

■「買い」か?

M4を待てるかどうかにかかっている。但し、われわれの判断は、もしM4を待つことが出来ないのであっても、現時点では最も愉しくバランスのとれたBMWであると断言できる。コンパクトで、運転も容易で、快適で、アンカー・シートを持ち、何よりも面白いクルマが£35,795(615万円)で買えるのだ。

(リチャード・ブレムナー)

BMW M235i

価格 £35,795(615万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 4.8秒
燃費 13.2km/ℓ
CO2排出量 176g/km
乾燥重量 1470kg
エンジン 直列6気筒2979ccターボ
最高出力 322ps/5800-6000rpm
最大トルク 45.9kg-m/1300-4500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記