【フォーミュラE最強チーム】DS、電動レースに傾倒 ジャン=エリック・ベルニュが語る新シーズン

公開 : 2021.03.14 20:05

フォーミュラEで勝利を重ねるDS。成功の秘訣と新シーズンの抱負をジャン=エリック・ベルニュに聞きました。

もくじ

フォーミュラEとの「ラブストーリー」
勝利の鍵は努力の積み重ね
チームメイトとの共闘と競争
今年は誰が強いのか?
サーキットから公道へ

フォーミュラEとの「ラブストーリー」

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

先日、DSオートモービルズがABBフォーミュラE選手権に少なくとも2026年末まで参加することを表明した際、同レースシリーズとの関係を「l’histoire d’amour」(ラブストーリー)と表現した。今のところ、これは確かに幸せな物語だ。

DSは、姉妹ブランドであるシトロエンから正式に独立してからわずか1年後の2014/15シーズンにフォーミュラEに参戦した。フォーミュラEは2年目で、メーカーが独自のパワートレインを開発することが初めて認められた。DSはヴァージン・レーシングとチームを組み、第4戦でサム・バードが初優勝を飾った。

DS EテンスFE 20
DS EテンスFE 20

それ以来、DSは毎シーズン1勝以上を挙げており、2018/19年に第2世代マシンが導入されてからはクリーンアップを行ってきた。このシーズン、DSは、ジャン=エリック・ベルニュを擁して前シーズンのドライバーズタイトルを獲得したテチーター(Techeetah)の供給に切り替えた。新たなパートナーシップは、チームタイトルとドライバーズタイトルのダブル受賞という形で即座に実を結び、ベルニュはチャンピオンシップを2度以上獲得した初のドライバーとなった。

DSテチーターは2019/20シーズンに再びダブルタイトルを獲得したが、今回はBMWから移籍した新加入のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがドライバーズタイトルを獲得した。

フォーミュラEへのDSの愛着は新たなレベルに達している。アウディやBMWなどのライバルが関係を断ち切り、モータースポーツへの愛を求めて別の場所を探している中で、DSは少なくともあと5年間はこのシリーズに身を置くつもりだ。

中国資本のテチーターがフォーミュラEに参入した2016/17年シーズンからレースに参戦しているベルニュは次のように語っている。

「DSが長期的に継続することは、チームにとって素晴らしいことだ。メカニックをはじめとするチームのみんなにとっても、スポンサーにとっても、安心できる安定性がある」

勝利の鍵は努力の積み重ね

DSは、アウディやBMWが見落としているような、フォーミュラEの魅力を感じているのだろうか?トロフィーをたくさん獲得すれば、メーカーはモータースポーツのマーケティング費用を正当化しやすくなる。メーカーはフォーミュラEを電動パワートレインの開発に役立てることができるが、はるかに重要なのはブランド構築である。

DSのような比較的新しいブランドは、ドイツの高級車ブランドに対抗するフランスのライバルとして地位を確立する段階にあるが、フォーミュラEはその知名度を大きく向上させる。また、DSは他のメーカーよりも積極的にロードカーとレースカーの連携を図ってきた。

ジャン=エリック・ベルニュ
ジャン=エリック・ベルニュ

「DSは過去数年間、最高のパワートレインを持っていることを明確に示してきた」とベルニュは言う。「このブランドは、単にチャンピオンシップに参加するためではなく、勝つために存在しているんだ」

ベルニュは、DSがフォーミュラEの頂点に上り詰める過程を目の当たりにしてきた。テチーターに参加する前の2015/16年、DSヴァージンのファーストシーズンにハンドルを握っていたのだ。フランス人ドライバーがルノー製エンジンを搭載したテチーターで2017/18年に初タイトルを獲得したとき、タイトル争いの主なライバルの1人は、DSヴァージンのフォーミュラEベテランドライバーであるサム・バードだった。

「秘訣はハードワークだ。モータースポーツで成功するための鍵だよ。それはチームのDNAでもある。勝つたびに、ファクトリーに戻って仕事を続けるだけさ。常に他のチームに追いつかれると考えているからこそ、決して休まないんだ」

驚くようなことではないかもしれないが、これは本質的に真実だ。フォーミュラEは、シャシーの仕様が決まっており、メーカーが独自にパワートレインを供給できる領域も限られ、また厳しく管理されている。そのため、1つのメーカーが他よりも大幅に性能を向上させるようなことにはならない。昨年は6つのチームがレースを制しているが、DSのタイトル獲得は、ペースの優位性よりも安定性に基づくものだ。

近年、メルセデス・ベンツやポルシェといったメーカーの登場が騒がれていることを考えると、DSが最近の成功に特別な喜びを感じていることは想像に難くない。「でも、僕らが過去にとらわれすぎるようなことはないよ」とベルニュ。「他チームが僕らを打ち負かそうと努力していることはわかっているから、ただ座って『見て、自分たちはなんてすごいんだろう』と言うようなことはしない」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事