【日産ノート・オーラ】日産カスタム銘柄「オーテック」「ニスモ」とはどう違う?

公開 : 2021.06.15 11:55

日産ノート・オーラ(AURA)追加。日産のカスタム・ブランド「AUTECH(オーテック)」や「NISMO(ニスモ)」との違いを考察。

オーラ「新次元の走りと上質さ追求」

日産がコンパクトカー「ノート」に新グレード「オーラ(AURA)」を追加すると発表した。

ノート・オーラがどんなグレードかといえば「新次元の電気の走りと上質さをまとった、プレミアムコンパクト」だという。

日産ノート・オーラ(AURA)は、ノーマルのノートよりも1ランク上の価格帯。内外装のチェンジだけでなく、さらに一歩踏み込んだカスタムを実施した。
日産ノート・オーラ(AURA)は、ノーマルのノートよりも1ランク上の価格帯。内外装のチェンジだけでなく、さらに一歩踏み込んだカスタムを実施した。    神村 聖

簡単に言ってしまえば、ベースとなるノートを「プレミアムコンパクト」にふさわしいほどに磨き上げるということだ。

具体的なカスタム・メニューは、専用の内外装デザインの装備、12.3インチのフルTFTメーターの採用、遮音性能の向上とBOSEのプレミアムサウンド・システムの採用、eパワーの出力向上、4WD制御の専用チューンなどが挙げられる。

注目は内外装のチェンジだけでなく、さらに一歩踏み込んだカスタムを実施したことだ。

遮音性能の向上のためにルーフやドアに遮音材を追加するだけでなく、前席のサイドのガラスに防音特殊フィルムを挟んだラミネートガラスを採用。

さらに、eパワーの出力を18%(85kWを100kWに)、トルクを7%(28.6kg-mを30.6kg-mに)高め、それに合わせて4WDの制御も専用チューンにしている。

外見だけではなく、内部まで手を入れることができるのは、メーカー・チューンならではと言えるだろう。

価格は約260~296万円となり、約200~245万円のノーマルのノートよりも1ランク上の価格帯となる。欧州車のコンパクトカーと変わらない価格帯だ。

ここで気になるのは、日産の他のカスタム・ブランドとの違いだ。

オーテックは「スポーティかつ高級」

実のところ、日産ノートにはすでにカスタム・バージョンとなる「ノート・オーテック(AUTECH)」が用意されている。

オーテックとは、日産の関連会社であるオーテック・ジャパンが手掛けたカスタム・モデルに付けられる名称。

日産ノート・オーテック(2020年)
日産ノート・オーテック(2020年)    神村 聖

そのオーテック・ジャパンは1986年の創設から日産の多彩なカスタムカーを手掛けてきた会社だ。

オーテックモデルの特徴は、スポーティかつ高級感を謳うスタイリングとなる。

実際にノート・オーテックは、レザーシートなど数多くの専用内外装が使われており、ノーマルのノートよりも1ランク上の上質感を備えている。

そして価格は2WDが250万4700円、4WDが276万3200円となる。

ノート・ニスモは「ピュアスポーツ」

同じくオーテック・ジャパンが手掛ける日産カスタム・ブランドに「ニスモ(NISMO)」がある。

ニスモは日産のモータースポーツを担ってきたニッサン・モータースポーツ・インターナショナルの略だ。

日産ノート・ニスモ(2018年)
日産ノート・ニスモ(2018年)    日産

そのニスモがモータースポーツで培ってきた知見を量産車に反映させるカスタム・モデルにニスモの名称が与えられている。

過去には日産GT-RやフェアレディZなどのスポーツカーだけでなく、ノートやマーチといったモデルにもニスモ仕様が用意されていた。

つまり、日産はオーラ以前に、スポーティかつ高級感のあるオーテックと、ピュアスポーツのニスモという2本のカスタム・ブランドを擁しているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事