【19インチに小さなウイング】ホンダ・シビック・タイプR スポーツラインへ英国試乗

公開 : 2021.06.20 08:25

バランスに優れしなやか、息を呑むほど速い

日常的な条件での走行マナーが、すこぶる良い。ショートストロークのシフトノブにレブマッチ機能が組み合わされ、6速MTでも混んだ市街地をうろつくことをまったくいとわない。

もちろんドライバーがその気になれば、完璧なドライビング体験を与えてくれる。本物のタイプRとして。

ホンダ・シビック・タイプR スポーツライン(英国仕様)
ホンダシビック・タイプR スポーツライン(英国仕様)

確かに、19インチにホイールが小さくなったことで、ターンイン時の鮮明度は薄れている。それを除けば、英国郊外に広がるつづら折りの道を、見事に走破してくれる。これまでのタイプRと同様に。

バランスに優れしなやかで、息を呑むほどに速い。スポーツラインにもアルカンターラ巻のステアリングホイールと、アルミ削り出しのシフトノブが備わる。歓喜するような操作する喜びは、まったく変わらない。

多くのホットハッチが、ペダルの枚数を3枚から2枚に減らす中で、ホンダは3枚を守り続けている。思わずシフトチェンジへ夢中になるほど、ペダルレイアウトも素晴らしい。

そしてホンダ・シビックは、タイプRであっても、車内にゆとりがあるハッチバックでもある。インテリアは、人間工学に基づいて的を得たデザインが施されている。

長距離も走れるスポーツカーを長年生み出してきたメーカーらしく、着座位置の低いドライビングポジションは快適。シートもサポート性に優れている。

日常性と痛快な走りを両立

同じ内容でも、ガチガチに硬いサスペンションと組み合わされるかどうかで、結果は変わってくる。タイプR スポーツラインはここでも的確。タイトな乗り心地ではあるが、潜在的な性能を考えれば、路面を問わず充分に穏やかだといっていい。

目立つことをあまり好まないドライバーも、平日にも乗れる320psのホットハッチが欲しいドライバーにも、シビック・タイプR スポーツラインはピタリとハマる。

ホンダ・シビック・タイプR スポーツライン(英国仕様)
ホンダ・シビック・タイプR スポーツライン(英国仕様)

タイプRの日常性はしっかり高めてある。それでいてフロントマスクの通り、痛快な走りも楽しめるままだ。

ホンダ・シビック・タイプR スポーツライン(英国仕様)のスペック

英国価格:3万5400ポンド(545万円)
全長:4557mm
全幅:1877mm
全高:1434mm
最高速度:271km/h
0-100km/h加速:5.8秒
燃費:13.0km/L
CO2排出量:176g/km
車両重量:1380kg
パワートレイン:直列4気筒1996ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:320ps/6500rpm
最大トルク:40.7kg-m/2500-4500rpm
ギアボックス:6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×