【ハッチバックと異なるデザイン】新型プジョー308 SW 欧州発表 2種類のPHEVも設定

公開 : 2021.06.25 06:25

プジョー308のワゴンモデル、308 SWがデビュー。余裕ある室内空間とシャープな造形が特徴的です。

室内空間の大幅な拡大

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

プジョーは、新型308のワゴン仕様であり、新しいブランドロゴを冠した2番目のモデルとなる、新型308 SWを発表した。

このワゴンは、Bピラーから先の外観はハッチバックと同じだが、ボディが大きくなったことで得られる「余裕のある空間に目を向けさせる」ことを目的としたリアエンドのデザインによって、兄弟車や先代モデルとは一線を画している。

プジョー308 SW
プジョー308 SW    プジョー

例えば、リアのLEDライトバーは、ハッチバックの黒い仕切り部分をなくし、「認識されるボディワークの量を増やす」ことを目指している。また、ウィンドウラインはルーフラインよりもリアに向かってよりシャープに寝かせることで、ダイナミックなシルエットを実現しているという。

308 SWのホイールベースは、ハッチバックよりも55mm延長されて2732mmとなり、後席乗員のレッグルームは129mm拡大された。また、リアオーバーハングは210mm長くなり、トランクルームの最大容量は412Lから608Lに拡大。これは同クラスのフォード・フォーカス・エステートよりも約33L大きい値だ。

パワートレインは4種類用意

インテリアも、標準の308と同様にマルチ・ファンクション・ステアリングホイール、10.0インチのインフォテインメント・タッチスクリーン、フルデジタルのメーターディスプレイを備えた、プジョーのiコックピットデザインの最新版が採用されている。

308 SWには、最高出力130psの1.2Lガソリンエンジンまたは1.5Lディーゼルエンジン、および最高出力180psまたは225psの2種類のプラグイン・ハイブリッド車(12.4kWhのバッテリーにより最長60kmのEV走行が可能)が用意されている。

プジョー308 SW
プジョー308 SW    プジョー

308 SWは、ハッチバックに続いて2021年末に発売される予定で、価格はまだ確定していないが、現行モデルよりもわずかに高い2万3000ポンド(356万円)前後からの販売になると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事