【なぜ?】新型トヨタ・ランドクルーザーに「走り仕様」 GRスポーツ設定のワケ

公開 : 2021.08.03 05:45  更新 : 2021.08.03 11:12

新型トヨタ・ランドクルーザー300に専用装備満載の「GRスポーツ」が設定。プロに磨かれた走りを解説します。

大幅改良で走りにも期待 新型ランクル300

text:Kenichi Suzuki(鈴木ケンイチ)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

トヨタから新型ランドクルーザーが発売された。

新しいランドクルーザーの特徴の1つは、TNGAに基づいたGA-Fプラットフォームと、それがもたらす走りの良さだ。

トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ
トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ    トヨタ

GA-Fプラットフォームは、ラダーフレームという方式は踏襲しつつも、剛性を従来比120%にアップしている。

さらに新型ランドクルーザーは、高張力鋼板の採用拡大やボンネット、ルーフ、ドアパネルのアルミ化などにより、車両として約200kgもの軽量化と低重心化、前後重量配分の改善を実現している。

そして前後のサスペンションは新開発されたモノを採用。

パワートレインにも最高出力415psの3.5L V6ツインターボガソリンエンジンと、最高出力309ps、最大トルク71.4kg-mの3.3L V6ツインターボディーゼルエンジンを採用。

組みあわせられるトランスミッションは最新の10速AT。

強く、軽い車体に強力なエンジンを積み、足まわりも刷新するなど、その走りは、オンロードでもオフロードでも高い次元の走りを見せることだろう。

価格は、ガソリンエンジン車が770万円、ディーゼルが800万円となる。

GRスポーツ設定 GRヤリスに近いスタンス

そんな新型ランドクルーザーの走りを、さらに磨き上げたのが新グレード「GRスポーツ」だ。

新型ランドクルーザーの走りの良さを象徴する存在となることだろう。

トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ
トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ    トヨタ

「GRスポーツというグレードは、『モータースポーツ起点のもっといいクルマづくり』を具現化したグレードです」と、新型ランドクルーザーの開発を担当した横尾貴己氏は説明する。

実のところランドクルーザーは、世界一過酷と称されるダカールラリーの市販車部門に1995年から25年以上にわたって出場しているのだ。

同じGRシリーズでも、すでに先行して発売されている「GRヤリス」と近いスタンスのモデルといえるかもしれない。

ラリードライバーによって磨かれた「走り」

「今回、GRスポーツの開発にあたっては、ダカールラリー・ドライバーからの知見やフィードバックと、社内における凄腕、匠といったプロドライバーを中心とした走りのチューニングを融合しています」

「オンロードでの意のままの操縦安定性、オフロードでの四輪接地性の高さとスタック時の脱出性能。また、あらゆる路面を長時間、楽に走れること。この実現を目指しました」と横尾氏は説明する。

トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ
トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツ    トヨタ

具体的に、ダカールラリー参戦ドライバーからの求められた改善要望は「起伏の続く、中高速走行時でのジャンプ着地後の接地性アップ」、「スタック時の脱出タイムロス低減」、「荷重移動操作に対する応答性」、「悪路走行時のバンパー破損のしにくさ」、「車体の揺れ低減」、「高速ブレーキング時の安定した姿勢」などがあったという。

それらの改善が、すべてGRスポーツには反映されているというのだ。

具体的なGRスポーツだけの装備は足まわりとフロントの電動デフロック、専用エクステリアと専用インテリア装備類だ。

足まわりは電子制御でスタビライザーの効き目を変化させる「E-KDSS(Electronic-Kinetic Dynamic Suspension System)」を採用。

前後のスタビライザーを、オンロードやオフロードなどの路面状況の変化にあわせて電子制御し、路面への接地性と揺れ防止などを高めている。

また、サスペンションのスプリングやダンパーの最適化とともに、サスペンション・ストロークもアップ。

ランドクルーザー史上、最長のホイールアーティキュレーション(タイヤが路面から浮きづらさ)を実現。

悪路での路面との接地性をたしかなものとしているというのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×