【ニッチなオフロードワゴン】メルセデス・ベンツCクラスに「オールテレイン」追加 欧州発表

公開 : 2021.08.18 18:05

Cクラス・ステーションワゴンにオフロード走行を想定した「オールテレイン」が登場。ニッチな市場を狙います。

過酷な路面状況に適応

text:Jack Warrick(ジャック・ウォリック)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

メルセデス・ベンツCクラスに、オフロード走行を想定した4輪駆動の「オールテレイン」モデルが追加された。

Cクラス・エステート・オールテレインは、車高を40mm上げ、ホイールを大型化し、全輪駆動システム「4マチック」を搭載している。メルセデス・ベンツにとっては、2017年にEクラスに導入されて以来のオールテレインモデルとなる。

メルセデス・ベンツCクラス・エステート・オールテレイン
メルセデス・ベンツCクラス・エステート・オールテレイン    メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツによると、マルチリンク・サスペンションに、パッシブ・ダンピング・システムが組み合わされたことで、劣悪な路面状況に適したクルマになったという。

4気筒のガソリンとディーゼルのパワートレインには、燃費を高めるマイルド・ハイブリッドが採用された。性能は標準のCクラス・エステート(ステーションワゴン)と同様のものになると思われるが、正確な数値はまだ公表されていない。

タフなオールテレイン専用デザイン

また、「オフロード」と「オフロード+」という2つの走行モードが追加されている。オフロードモードは、砂や土、砂利などの地形に対応したもので、オフロード+では、下り坂での速度制御システムと連動し、より険しい路面を安全に走行することができる。

ホイールは17インチと19インチを用意。LEDライトが標準装備されているほか、オフロードライトを追加することで、遠くの障害物を広く照らし出すことができる。

メルセデス・ベンツCクラス・エステート・オールテレイン
メルセデス・ベンツCクラス・エステート・オールテレイン    メルセデス・ベンツ

エクステリアでは、クローム・ラジエーターグリル、専用バンパー、アンダーガードをフロントとリアに装備するなど、ラフな環境での使用を想定した仕様となっている。さらにデザイン面では、クロームのトリムを追加している。

インテリアでは、標準で「アバンギャルド」仕様が採用されており、ブラウンとブラックのカラースキームが用意されている。また、10.25インチと12.3インチのデジタル・インフォテインメント・ディスプレイが装備され、傾斜角度やステアリング角度などオフロード特有の情報のほか、座標、コンパスなどを表示することができる。

Cクラス・エステート・オールテレインの価格は、標準的なCクラス・エステートより若干高くつくと予想される。広報担当者によると、英国では発売されないとのこと。日本導入については未確認。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×