インフィニティQX80の2015年モデル

公開 : 2014.04.16 21:35  更新 : 2021.06.24 12:33

インフィニティ最大のSUVとなるQX80の2015年モデルが、ニューヨーク・モーターショーで発表される。かつてはシンプルにQXとネーミングされていたモデルで、そのベースは日産パトロールだ。左ハンドルのみが生産されるもので、アメリカ、ロシア、中国、中東市場で販売される。

エクステリアのハイライトは、Q50サルーンと同じようなLEDヘッドランプを含みフロント・エンドがリデザインされたこと。また、ホイールは20インチが標準だが、オプションで22インチまでが用意される。

Q50から移植されたテクノロジーとしては、前方予測衝突警告と、ハイビーム・アシストがある。

エンジンは、405ps、57.1kg-mを発揮する5.6ℓV8で、7速のオートマティック・トランスミッションと組み合わせられる。4WDはオプションだ。

また、QX80リミテッドとネーミングされたグレードは、非常にラグジュアリーな装備がされている。LEDヘッドランプはダークフィニッシュがされ、ランニング・ボードは照明付き。また、ダーク・クロームの装飾が多く使われる。ホイールは22インチが標準となり、ブラック・フィニッシュがされる。

インテリアは、シルバーのパイピングがされたブラウン・レザーのキルティング・シートで、スピーカー・グリルやグラブ・ハンドルも本革製となる。また、スエード・レザーとウッドも多様される。

このQX80リミテッドはフル装備で、もちろん4WDも標準装備だ。唯一のオプションは、6つ用意されるボディ・カラーのうち、インペリアル・ブラック、モカ・アーモンド、ダカール・ブロンズの3色がエクストラ・コストとなることである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×