【旗艦SUVにPHEV登場】アウディQ8 TFSI e クワトロへ試乗 低速域の滑らかな走り

公開 : 2021.10.09 08:25  更新 : 2021.10.11 17:18

Q8に追加された、PHEV版を英国編集部が評価しました。市街地では上質な特長を活かせるものの、大型SUVの場合、総合力ではガソリンターボが有利のようです。

スポーティな見た目のQ8にPHEV登場

執筆:Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
アウディQ8 60 TFSI e クワトロ・コンペティションの英国価格は、約8万5000ポンド(1292万円)から。今回の試乗車にはオプションが上乗せされ、9万2000ポンド(1398万円)にまで膨らんでいた。

TFSI eとは、アウディがプラグイン・ハイブリッド(PHEV)に与える呼び名。フラッグシップSUVのQ8にも、PHEVが追加されることとなった。今回はその価値を確かめてみたい。

アウディQ8 60 TFSI e クワトロ・コンペティション(英国仕様)
アウディQ8 60 TFSI e クワトロ・コンペティション(英国仕様)

そもそもQ8というモデル自体は、とても強い。先進的な技術を得意とする自動車メーカーが生み出した、最新のハードウエアを搭載したクーペ風ボディの大型SUVだ。見た目は存在感が強いし、競争力の面でも強い。

アウディのモデルレンジではひとつ下に当たる、Q7と比較しても見栄えは良いと思う。全長は66mm短く、全高は33mm低く、スポーティな雰囲気がある。それでいてホイールベースの長さはQ7と同じ。広々とした車内には大人5名が快適に乗れる。

英国でアウディが提供するPHEVとしては7番目のモデルだが、Q8の場合、PHEVの能力にはもう少しを求めたくなる。Q8の得意分野はロングドライブになると思うが、EVモードでの航続距離は、比較的短めの35kmから43kmとなっている。

ターボで加給する3.0L V6ガソリンエンジンに、駆動用の電気モーターと17.9kWhのバッテリーが搭載され、価格も通常のQ8より高い。少なくとも、多くのQ8より燃費は良いのだが。

市街地での滑らかな走りにPHEVのメリット

実際にアウディQ8 TFSI eを運転してみると、市街地での電気モーターによる滑らかな走りに、PHEVとしてのメリットを感じる。EVモードには足りないバッテリー残量になっても、低速域でV6エンジンを効果的にアシストしてくれるのもうれしい。

またハイブリッド・モードでも発進は滑らか。アクセルペダルの操作へ正確に反応してくれる。

アウディQ8 60 TFSI e クワトロ・コンペティション(英国仕様)
アウディQ8 60 TFSI e クワトロ・コンペティション(英国仕様)

Q8 60 TFSI e クワトロのシステム総合での最高出力は461psに達し、四輪駆動のトラクションを活かし、路面を問わずダッシュ力も鋭い。0-100km/h加速は、大きなSUVながら5.4秒でこなすという。

ひどく濡れた路面でも、滑りやすいコーナーでも、確かなトラクションを確保してくれる。ボディロールはほぼ生じず、正確にフラットに抜けていく。アウディらしく、ステアリングホイールへ伝わってくる感触は薄い。

カタログ燃費は34.5km/Lがうたわれているが、560km程を走り込んだ今回の試乗では、平均で12.4km/Lという結果が得られた。WLTP値の燃費は、PHEVにとって有利に働いてしまう。

この記事に関わった人々

  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報部を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。
  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像

×