【1シリーズ最強】BMW M135i 「エンジン音」がアップデート 欧州で一部改良

公開 : 2021.10.21 19:45

BMW M135iが欧州で改良を受け、ハンドリングの向上やエンジンサウンドの変更が行われました。

走りに磨き、新色追加も

BMWの主力モデル、1シリーズの最上位仕様である「M135i xドライブ」が、欧州で改良を受けた。2022年には、1シリーズ全体でフェイスリフトが予定されている。

今回の改良では、シャシーコンポーネントにサーキット走行を想定した変更が加えられるほか、エンジン音の変更やボディカラーの新色追加などが行われる。キャンバー設定やスプリング、ダンピングシステムの調整などにより、ハンドリングを向上させているという。

BMW M135i xドライブ
BMW M135i xドライブ    BMW

フロントサスペンションのウィッシュボーンには新しいハイドロマウントが取り付けられ、リアアクスルのトレーリングアームとコントロールアームのマウントも再設計されている。こうした変更により、ロールの挙動が大幅に改善され、ステアリングフィールも向上したとBMWは述べている。

また、「サウンド」も4気筒エンジンとツインテールパイプの組み合わせをよりよく表現するために手が加えられ、「特徴的な音響伴奏」を備えたM135i特有の音を実現しているとのこと。

性能面では変更はない。最高出力306ps、最大トルク45.8kg-mを発揮する2.0Lターボエンジンを搭載し、Mスポーツブレーキ、18インチホイール、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを標準装備している。

インテリアも同じだが、ボディのペイントカラーが追加され、ノンメタリックのMサンパウロイエロー、メタリックのフローズンオレンジとフローズンピュアグレーが選択できるようになった。

欧州での販売価格は確定していないが、3万7700ポンド(約590万円)前後を維持するものと予想される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像