スバル・トレジア、マイナーチェンジ

2014.05.12

富士重工業は、トヨタ・ラクティスのOEMモデルであるスバル・トレジアに改良を施し、5月30日より発売を開始する。

新開発の1.3ℓエンジンはアトキンソン・サイクル方式を採用し、燃焼効率を高めることなどで11%の燃費向上を果たしている。また、バルブタイミングの最適化及び新開発のエキゾーストマニホールドの採用により、出力も向上させている。また、1.3ℓモデルと1.5ℓモデル(2WD車)はアイドリングストップを標準採用している。

インテリアは、フロント・ドア・ガラスにスーパーUVカット+IRカット機能付ガラスを採用。センターパネルを質感の高いピアノブラック調に変更している。

エクステリアでは、スバル統一モチーフであるヘキサゴングリルとハニカムメッシュデザインの新造形フロントグリルを採用した。

価格は1,628,000円から2,131,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事