メルセデス・ベンツEQB 350へ試乗 7シーターの実用性 電動SUV登場 後編

公開 : 2021.12.02 08:26

GLBの純EV版となる、航続距離410kmのEQB。高い質感に7シーターという訴求力を、英国編集部は評価します。

洗練されバランスの良い走り味

前後に駆動用モーターを搭載するメルセデス・ベンツEQBだが、低速域ではリア・モーターが優先的にクルマを進める。効率を高めるため、普段以上に強力な加速を求めたり、高い速度域での走行など、四輪駆動が必要になるまでフロント・モーターの出番はない。

ドライブモードには3種類があり、ドライブトレインやステアリング、サスペンションの特性を変化させることができる。また、それぞれを個別に調整することも可能だ。

メルセデス・ベンツEQB 350 4マティック(欧州仕様)
メルセデス・ベンツEQB 350 4マティック(欧州仕様)

エコ・モードとコンフォート・モードでは、明確にアクセルレスポンスが穏やかになる。ペダルを踏み込んでも力強い加速は引き出せないが、多くのクロスオーバー・ユーザーには適した、滑らかで落ち着いた走り味を享受できる。

EQBは洗練され、全体的なバランスも良い。しずしずと走っていると、それを実感できる。

スポーツ・モードへ切り替えると、目に見えてすべての反応が鋭くなる。最高出力に変化はないものの、アクセルペダルの角度に対するパワーの発生の仕方は、遥かにたくましい。迅速な加速も可能になる。

停止状態からのダッシュ力も頼もしい。市街地なら、集団から抜けて機敏に走り回れるだろう。開けた郊外の道でも充分に速い。一部のライバルのように、呆れるほどパワフルというわけではないにしろ。

航続距離はライバルモデルより短め

アクセルペダルを放した時の回生ブレーキの強さは、ステアリングホイールに装備されたパドルを弾くことで、3段階から選べる。エコ・モードを選択すれば、回生ブレーキの効きを走行状況に応じて自動的に最適化させることも可能だ。

最も減速力が強くなるのが、Dモード。多くの状況でブレーキペダルを使わず、アクセルペダルの踏み方で加速から減速までを賄えるようになる。

メルセデス・ベンツEQB 350 4マティック(欧州仕様)
メルセデス・ベンツEQB 350 4マティック(欧州仕様)

今回試乗したEQB 350 4マティックが搭載するバッテリーは実容量で66.5kWhと、ライバルモデルより小さい。アウディQ4 eトロン・クワトロには76.6kWhが、BMW iX3には74.0kWhの容量のものが積まれている。

その結果、航続距離も少し短め。電費効率は6.1km/kWと良好ながら、1度の充電で走れる距離は最長で410kmがうたわれている。Q4 eトロン・クワトロより86km、iX3より48kmほど少ない。

そのかわりというべきか、駆動用バッテリーで車重が増えていながら、EQBはメルセデス・ベンツらしい活発で安定した動的特性を備えている。サスペンションのストロークは長く、バリアブル・ダンピングコントロール機能も付き、乗り心地も良好だ。

コーナーでは姿勢制御に優れ、路面からの入力も巧みになだめてくれる。四輪駆動システムの4マティックにより、グリップやトラクションにも不足はない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

メルセデス・ベンツEQB 350へ試乗 7シーターの実用性 電動SUV登場の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事