新型ニオET5 航続距離1000km以上の小型EVセダン発表 バッテリーは「交換」可能

公開 : 2021.12.21 06:25

中国の新興EVメーカー、ニオ(Nio)が新型セダンET5を発表しました。欧州市場にも導入される予定です。

中国発のEVセダン 航続距離は1000km超?

中国のEVメーカー、ニオ(Nio)の新型ET5は、テスラモデル3を真正面から狙ったコンパクトセダンである。毎年開催されるイベント「Nio Day」で発表されたET5は、既存のEC5、ES6、ES8、そして近日発売予定の高級セダンET7に続く、同社5番目の市販モデルとなっている。

中国での価格は3万8935ポンド(約585万円)相当で、デュアルモーターのテスラ・モデル3パフォーマンスよりもわずかに安い価格設定となっている。中国での納車は2022年9月に開始され、欧州での納車は2023年春に予定されている。

新型ニオET5
新型ニオET5    ニオ

ET7と同じテクノロジー・プラットフォーム2.0をベースにしたET5は、フロントに204psの非同期モーター、リアに286psのモーターを搭載し、合計出力493ps、最大トルク71kg-mを発揮。0-100km/h加速は4.3秒だが、最高速度はまだ公表されていない。

バッテリーサイズは3種類用意され、75kWhの「スタンダードレンジ」は航続距離550km、100kWhの「ロングレンジ」は700km、150kWhの「ウルトラロングレンジ」は1000km以上を誇る。

しかし、この数値は中国のCLTCサイクルに準拠しており、WLTPサイクルでは全く異なる結果が出ると思われる。

ミニマムなデザイン 半自動運転機能も

全長4700mmで、リフトバック風のたくましいシルエットは上級セダンのET7によく似ている。リアのデザインはEP9にインスパイアされたもので、ワイドかつシャープなフォルムは「スポーツ志向」を表しているという。

さらに、空力効率を高めるためにダックテールスポイラー、フラッシュ式ドアハンドル、フレームレスウィンドウ、フロントエアインテークなどを採用し、長大な航続距離実現の鍵としている。

新型ニオET5
新型ニオET5    ニオ

ミニマルなキャビンもET7をモデルにしたものだ。ダッシュボードにはほとんど機能を持たせず、縦長のインフォテインメント・タッチスクリーンやデジタルメーター、パノラミックルーフもET7と同様。ほかにも、ドルビーアトモス・サウンドシステムを標準装備し、その音響効果を高めるとされるサスティナブルな「クリーン+」の内装材や、「見えない」エアベント、256色のアンビエントライトなどがインテリアの特徴として挙げられる。

また、ET5には「業界初」の車載エンターテインメント機能が搭載されるという。ニオは、テクノロジー企業NREALと協力して、装着者の前方6mに201インチの仮想スクリーンを投影できる特注のAR(拡張現実)メガネを開発している。

さらに、発売当初から半自動運転機能を搭載し、「高速道路、市街地、駐車、バッテリー交換などのシーンで、安全で安心できる自動運転体験を徐々に実現する」予定とのこと。この機能は月額約81ポンド(1万2000円)で利用できる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事