アルピーヌA110のパトカー仕様公開 フランス国家憲兵隊が採用 1.8L直4で255ps

公開 : 2021.12.21 06:05

アルピーヌA110がフランスで緊急車両として採用。スポーツカーの脚力を高速パトロール任務に活用します。

パトランプや専用タブレットを装備

アルピーヌは、フランス国家憲兵隊の緊急対応チーム向けに、特別仕様のA110を製作した。商用車の改造を専門とするフランスのドゥリソッティ(Durisotti)社が架装を行っている。

ボディには緊急車両特有のカラーリングが施され、フロントとリアに反射材のデカール、ルーフにブルーのフラッシュライトが装着されている。パワートレインは標準モデルと同じ1.8L 4気筒エンジンを搭載し、最高出力255ps、最大トルク32kg-mを発生する。

フランス国家憲兵隊仕様のアルピーヌA110
フランス国家憲兵隊仕様のアルピーヌA110    アルピーヌ

室内には、警察無線やあらゆる緊急事態に対応するタブレットなど、多くの専門機器が搭載されている。

アルピーヌは、A110が「警察車両の近代化・若返りに貢献する」としている。

憲兵隊が高速道路巡回任務に採用

A110は憲兵隊の緊急対応チームに配備され、高速道路における車両追跡や交通安全任務を担う予定だ。

今後4年間でわずか26台が製造され、そのうち2台は訓練用に使用される。2022年初頭に憲兵隊への納入が始まる予定となっている。

フランス国家憲兵隊仕様のアルピーヌA110
フランス国家憲兵隊仕様のアルピーヌA110    アルピーヌ

ルノー・グループのスポーツモデルがパトカーとして採用されるのは、これが初めてではない。ルノーとフランス国家警察捜査介入部(BRI)の歴史は1966年まで遡り、初代A110が国内初のBRI専用車両として採用されたのだ。

その後、アルピーヌA310やルノー18ターボ、21ターボ、メガーヌIDE、メガーヌ3RSにも独自の緊急サービスモデルが登場している。

また、スポーツカーの警察車両は世界各国で見ることができる。ドバイ警察だけでも、アストン マーティンOne-77、ブガッティ・ヴェイロン、フェラーリFFランボルギーニアヴェンタドール、さらにマクラーレンメルセデスAMGなど、複数のハイパフォーマンスモデルを観光地巡回に使用しているのである。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アルピーヌの人気画像