新型 レクサスNX 450h+ PHEV版へ英国試乗 GA-Kプラットフォーム獲得 

公開 : 2021.12.21 08:25

新型NXが欧州へ上陸。優れたPHEVとインフォテインメントで、先代以上の成功が予想できると英国編集部は評価します。

GA-Kプラットフォームの採用で一新

2代目へモデルチェンジしたレクサスの中型SUV、NX。といっても、写真を見る限りボディの変化は小さく、大々的なフェイスリフトと勘違いしても不思議ではない。

よく見れば、フロントマスクはラジエターグリルのイメージを維持しつつ、全体的にデザインを一新。ボディ側面に与えられていた折り目は柔らかい曲面になるなど、ディティールもリフレッシュされている。

レクサスNX 450h+(欧州仕様)
レクサスNX 450h+(欧州仕様)

最近の流行とえる、左右が細いバーで結ばれたテールライトや、トランクリッドのブランド名ロゴなど、わかりやすい違いもある。それでも、レクサスが欧州で最も多く販売するSUVとして、新型だという主張は薄いように思う。

先代のNXは、登場から7年が経過していたのにも関わらず、2021年のレクサスの販売台数で3分の1を占めていた。RXより3倍も多く売れていたようだ。支持を集めていたモデルが故に、見た目はキープコンセプトとなったのだろう。

だが実際は、基礎骨格をトヨタのGA-Kプラットフォームにスイッチ。オーバーハングは短縮され、全長と全幅は約20mm成長している。トレッドも広げられた。レクサスによれば、コンポーネントの95%は新しいという。

GA-Kの採用により車体剛性は30%も高くなり、重心高は20mmダウン。さらに、レクサスとして初めてとなるプラグイン・ハイブリッド(PHEV)も獲得している。確実な変化だ。ちなみにこのプラットフォームは、人気のトヨタRAV4も採用している。

効果的な走りと鋭い加速を生むPHEV

PHEVのシステムは、RAV4が搭載するものと同じ。185psの2.5L自然吸気4気筒ガソリンエンジンに、182psの駆動用モーターを結合し、前輪を駆動。リアタイヤ側には、54psの駆動用モーターが組まれる。

システム総合では、309psという最高出力になる。駆動用バッテリーの容量は18.1kWhで、フロア下にマウント。最長69kmを電気モーターだけで走行できるという。

レクサスNX 450h+(欧州仕様)
レクサスNX 450h+(欧州仕様)

欧州のエントリーグレードとなるNXは、350h。こちらには、トヨタではおなじみのシリーズ・パラレル方式のハイブリッドが搭載される。

英国で納車が始まるのは、2022年中頃から。今回はそれに先立って左ハンドルのPHEV版、NX 450h+を、Fスポーツ仕様で試乗させてもらった。

トヨタRAV4と同様に、PHEVは効果的にクルマを走らせつつ、印象的な燃費性能を両立させている。電気モーターだけでの発進は鋭くシームレス。ガソリンエンジンが始動するとノイズで教えてくれるものの、NXの走りに明確な変質は感じられない。

CVTは動力源に関わりなく、リニアな加速を提供。エンジンのノイズが不意に高まる程度だ。

システム総合で300馬力を超えるだけあって、0-100km/h加速時間は6.3秒。NX 450h+は、このクロスオーバー・カテゴリーで最速の1台となる。

NXのPHEVで特長となるのが、仮に駆動用バッテリーの残量がなくなっても、ガソリンエンジンで自己充電してくれること。ゆっくりと短距離動かす程度なら、エンジンを始動せずに済むことも多い。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

レクサス NXの人気画像