世界の主要モータースポーツ 2021年の結果をざっくり振り返り NASCARからF1まで

公開 : 2021.12.28 06:05

今年も幕を閉じたモータースポーツ。少しずつ元の姿に戻り始めた2021年を振り返っておきましょう。

人気モータースポーツの2021年ハイライト

2021年、少しずつ観客が戻り、大きな混乱もなくレースができるようになってきたのは喜ばしいことだ。

今年、世界各地で開催された主要モータースポーツのハイライトを紹介する。

今年も世界中で人々をわかせたモータースポーツ。その結果をざっくりと振り返ってみよう。
今年も世界中で人々をわかせたモータースポーツ。その結果をざっくりと振り返ってみよう。

WEC

2021年のWEC(世界耐久選手権)では、トヨタが有終の美を飾った。コンウェイ、小林、ロペスがル・マンの呪縛から解放され、ハイパーカー・クラスでシーズン全勝を上げた。一方、フェラーリ488はAm、Pro GTE両クラスで優勝している。

WEC
WEC

BTCC

アッシュ・サットンは、BMW 330iのコリン・ターキントンやホンダシビック・タイプRの新鋭ジョシュ・クックの活躍を尻目に、インフィニティQ50で見事にBTCC(英国ツーリングカー選手権)タイトルを維持した。そして何より、BTCCは再び英国中のグランドスタンドを満員にすることができたのである。

BTCC
BTCC

WRC

ラリー界の伝説的存在であるセバスチャン・オジェは、トヨタ・ヤリスを駆り、5つのラリーで優勝。期待の若手チームメイト、エルフィン・エバンスとヒュンダイの2人を抑えて、8度目のタイトル(フルタイムドライバーとして最後のタイトルでもある)を獲得した。

WRC
WRC

NASCAR

アメリカン・ストックカーのスターたちは、オーバルコースに大勢の観衆を集め続けた。シボレーのカイル・ラーソンは、物議を醸しながらも米国を代表するレースを勝ち抜き、優勝を果たした。

NASCAR
NASCAR

WRX

WRX(世界ラリークロス選手権)が電動化される前の最後の年、アウディS1を駆るヨハン・クリストファーソンは、プジョー208のティミー・ハンセンとのとてつもなく激しい争いの末、3度目のタイトルを獲得した。

WRX
WRX

インディカー

スペイン出身の若きアレックス・パロウは、米国シングルシーター界の覇権を握り、世界の舞台に躍り出た。また、注目のインディ500では、人気のベテラン、エリオ・カストロネベスが優勝を手にした。

インディカー
インディカー

IMSA

WECの米国版、IMSAのDPiクラスでは、キャデラックのピポ・デラーニとフェリペ・ナスルが、アキュラからタイトルを奪取した。次は、ハイパーカーで欧州ツアーはいかがだろうか。

IMSA
IMSA

フォーミュラ1

いやあ、面白いことになったものだ。トップの座に君臨し続けたルイス・ハミルトンの技量や熱意は衰えることはなかった。しかし、レッドブルの熱血漢マックス・フェルスタッペンが幸運にも初のワールドタイトルを獲得し、ルイスは記録更新となる8度目のチャンピオンを逃した。

フォーミュラ1
フォーミュラ1

記事に関わった人々

  • 執筆

    クリス・カルマー

    Kris Culmer

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像