メルセデスAMG EQS 53 4マティック+へ試乗 761psの四駆 AMGのプライド 後編

公開 : 2022.01.06 08:26

AMGがチューニングを施した純EVサルーン、EQS 53。上質さと動的能力に英国編集部は感銘を受けたようです。

強力で洗練されたドライブトレイン

メルセデスAMG EQS 53のアクセルペダルを踏み込むと、怒涛の勢いで加速していく。160km/hを超えても怯むことなく、直進安定性も極めて高い。中間加速も同様。フロントモーターが効果的に、リアモーターをアシストしてくれる。

ステアリングホイールにはパドルが付き、アクセルペダルを緩めた時の回生ブレーキの強さを3段階から選べる。最も強力な状態では最大で300kWの発電能力があるといい、勢いよくスピードも落ちる。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)
メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)

ドライブトレインの洗練度も優秀。フロントの駆動用モーターから高音域のノイズが聞こえる場面もあったが、それ以外は至って静か。印象的なほどにスムーズだ。

AMGにしては静か過ぎるとお感じのドライバーのために、様々な合成サウンドも用意されている。アクセルペダルの踏み込み量や、駆動用モーターの負荷に応じてボリュームや音色が変化する。

ただし、フルスロットルから右足の力を緩めても、サウンドは絞られるだけ。内燃エンジンのAMGでは、雷鳴のような唸りや破裂音が楽しめたのだけれど。

AMGは、サスペンションにも独自のチューニングを加えている。AMG 4ドアクーペでも採用されているアダプティブダンパーをEQS 53用に改良し、通常のEQSから車高も落とされている。ブッシュ類も専用品だ。

初試乗したのは北米のカリフォルニア。コースは、ツギハギの多い高速道路と、走りがいのある渓谷部のワインディングが指定された。

感心するほどに意欲的なコーナリング

ステアリングホイールを軽く回してみると、反応がより鋭いことがわかる。フロントタイヤの接地面が広げられていることもあってか、コミュニケーションも取りやすい。

スポーツ・モードでのEQS 53は、目を見張るほどに意欲的。大柄なボディの割にライン取りがしやすく、素早く進路変更を求めると、さも当然のように向きを変える。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)
メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)

ステアリングホイールは、もう少し手応えがあっても良いと感じた。コーナーで身体が圧迫されるほどの旋回Gを考えれば。

四輪操舵システムを備え、俊敏性も素晴らしい。AMGの技術力が発揮され、全長5.2mを超えるクルマが流暢に身をこなす。バッテリーの搭載位置による低い重心高も、操縦性を高めるうえで重要な役割を果たしているに違いない。

2.5tを超える車重だけあって、コーナリング時の慣性は小さくない。しかし、必要に応じて駆動力分配が可能な四輪操舵システムを搭載し、タイヤもアップグレードされている。路面を掴みきれなくなることは殆どなかった。

シャシーバランスにも長け、コーナーを攻め込むとリアタイヤ側が主導であることを感じ取れる。ストレート目掛けてアクセルペダルを踏み倒せば、有り余るパワーを確かなトラクションで展開してくれる。

勢い余って限界を超えると、電子制御のスタビリティ・コントロールが素早く介入。タイヤ毎にブレーキを調整し、パワーを絞り、適切なラインへ引き戻してくれる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+へ試乗 761psの四駆 AMGのプライドの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事