メルセデスAMG EQS 53 4マティック+へ試乗 761psの四駆 AMGのプライド 前編

公開 : 2022.01.06 08:25

AMGがチューニングを施した純EVサルーン、EQS 53。上質さと動的能力に英国編集部は感銘を受けたようです。

最高出力761ps、最大トルク103.7kg-m

メルセデスAMGのスペック表に並ぶ、桁外れた数字には見慣れた感がある。だとしても、AMGとしては初の量産純EVとなるEQS 53 4マティック+の数字には、思わず感嘆の声を漏らしてしまう。

AMGダイナミックプラス・パッケージを搭載したEQS 53の最高出力は761psで、最大トルクは103.7kg-mに達する。4.0L V型8気筒ツインターボを搭載したAMG GT 63 S 4ドアクーペより、120psと12.1kg-m以上もパワフルなのだ。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)
メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)

この豪腕を叩き出しているのは、メルセデス・ベンツEQS 580と基本的には同じシングルスピードATのツインモーター・システム。そこへ更なるパフォーマンスを与えるべく、AMGの手でしっかりチューニングが施されている。

知的な四輪駆動システムを採用し、0-100km/h加速に要する時間は3.4秒。車重2575kgだということを考えると、唸らざるを得ない。ディーラーで買える最速の4ドアモデル提供するというAMGのプライドは、純EVでも堅持されているようだ。

通常のEQSと、見た目の差別化も忘れていない。フロントバンパーの上には、ワイドなパナメリカーナグリルが鎮座。アダプティブ・デジタルヘッドライトが標準装備される。

両サイドのエアインテークにはスプリッターを備え、内部の可動式フィンがホイールハウス内へスムーズな気流を導く。ボディサイドにはワイドなサイドスカートをまとい、トランクリッドにはスポイラーが付く。リアバンパー下部の造形もAMGのオリジナルだ。

ハイパースクリーンがダッシュボードを占拠

アルミホイールは標準が21インチで、エアロかヘリテイジという2種類のデザインから選択可能。オプションで22インチも選べる。

全体のデザイン処理は効果的といえ、EQSにAMGらしい風格を与えている。だが通常のEQSで選択できる、AMGラインと大きく違わないと感じる読者もいるだろう。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)
メルセデスAMG EQS 53 4マティック+(欧州仕様)

ボディキットの影響で、EQS 53の空気抵抗を示すCd値は、0.20から0.23へ増えたという。フロントグリルはほぼ前面がブランクで、シャシー下面はフラットに仕上げられているのだが。

インテリアは、ボディの見た目以上にスポーティな雰囲気が強調されている。サイドシルのプレートにはAMGのロゴがあしらわれ、AMG専用のマルチファンクション・ステアリングホイールには、ドライブモードを選べるロータリー・コントローラーが付く。

目玉といえるのが、ダッシュボードを占拠する、ハイパースクリーンと呼ばれる幅1.4mにも及ぶ大きなモニター。中央と助手席側はインフォテインメント用で、運転席側のメーター用モニターには、AMG仕様のグラフィックでスピードなどの情報が表示される。

ペダルもスポーティなタイプ。前席はAMGのスポーツシートで、標準では環境に配慮した合成皮革で仕立てられるが、本皮のナッパレザーもオプションで選べる。赤いステッチのコントラストが効いている。

見た目だけでなく、手に触れた感触も隅々まで高級。並べるライバルが限られるほど、豪奢な雰囲気のインテリアだと思う。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

メルセデスAMG EQS 53 4マティック+へ試乗 761psの四駆 AMGのプライドの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事