全高わずか1140mm トヨタ・ガズー・レーシング「GR GT3コンセプト」 東京オートサロン2022

公開 : 2022.01.14 10:39  更新 : 2022.01.15 02:15

GAZOO Racingが、レーシングマシンのコンセプトを発表。低く構えた、いかにも速そうな姿をしています。カスタマーレーシング活動に注力することも表明されました。

最高峰のカスタマースポーツに

トヨタ・ガズー・レーシング(TGR)が、GT3カテゴリー参戦マシンをイメージしたレーシングコンセプトを発表した。

マシンの名前は「GR GT3コンセプト」で、東京オートサロン2022の会場に展示されている。

GR GT3コンセプト
GR GT3コンセプト    AUTOCAR JAPAN編集部

極限まで下げた車高と、長いフロントノーズ、大きなウイングがパフォーマンスの高さをうかがわせる。

発表されたスペックは、サイズ関連のみ。

全長:4590mm
全幅:2040mm
全高:1140mm
ホイールベース:2725mm

モータースポーツ業界を活気づけ、カスタマーモータースポーツ活動の取り組みをさらに加速させるというTGR。

本コンセプトを、「ドライバーファーストのクルマづくりを推進し、カスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のお客様に選んでいただけるような魅力的なクルマをご提供したいという思い」で、発表したという。

TGRの知見・技術を、市販化

TGRは、同日にGRヤリスのフルチューンモデル「GRMNヤリス」も発表。2022年夏には発売予定と、モータースポーツの裾野を広げる活動に積極的だ。

今後は、TGRがモータースポーツの現場で得た知見・磨いてきた技術を、モータースポーツ用の車両を市販化する、という逆転の発想で、GT3車両開発だけではなく量販車開発でも生かしていくとしている。

GR GT3コンセプト
GR GT3コンセプト    AUTOCAR JAPAN編集部

「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」をさらに推進すると、TGRは発表を締めくくった。

記事に関わった人々

  • 執筆 / 撮影

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事