トヨタ、GRヤリス・ラリー1公開 総出力500ps超の最新ハイブリッドシステムで初戦モンテカルロへ

公開 : 2022.01.18 18:45

トヨタは2022年シーズンのWRCに投入するGRヤリスを発表。新たにハイブリッドシステムを搭載します。

1.6Lハイブリッドで総出力500ps以上

トヨタは、2022年のWRC(世界ラリー選手権)に対応したハイブリッドシステム搭載の新型GRヤリス・ラリー1を発表した。

3.9kWhのバッテリーと最高出力134psの電気モーターを搭載し、1月20日にスタートするモンテカルロ・ラリーで初戦を迎える。

トヨタGRヤリス・ラリー1
トヨタGRヤリス・ラリー1    トヨタ

2022年には、パワートレイン以外にもメカニカルおよびエアロに関する規制変更が行われる。ウィングはカットされ、5速の機械式トランスミッションが必要となり(昨年は6速の油圧シフト)、アクティブ・センターデフが廃止された。フロントとリアの機械式ディファレンシャルは残されている。

ガソリンエンジンはキャリーオーバーされており、昨シーズンの1.6Lターボを搭載し、モーターと合わせて500ps以上のシステム出力を実現しているが、今回はサステイナブル燃料で走るようになった。トルクは昨年の43kg-mから大幅に向上し、51kg-mを超えるという。スペースフレームシャシーは引き継がれた。

今回の規制変更は、最近のトヨタの優位性を揺るがす可能性があり、WRCにとって興味深い時期となっている。トヨタのチーム代表、ヤリ-マティ・ラトバラは次のように語っている。

「多くの疑問符がありますが、ラリー・モンテカルロでその答えを得ることができるでしょう。チームとして懸命に準備を進めてきましたが、最初のラリーを迎えるまでは、それぞれのマシンがどのように違うのか、誰にもわかりません」

「また、新しいマシンに一番自信を持っているドライバーと、まだ自信を持ちきれていないドライバーの違いも見られるかもしれません。ドライバーは運転方法やセッティングなど、多くの変化に適応しなくてはいけないのです」

2021年にマニュファクチャラーズ・タイトルとドライバーズ・タイトルを総なめにしたトヨタは、王者セバスチャン・オジェの部分的な引退を受けて、2022年のドライバーラインナップに手を加えている。

8度の優勝を誇るオジェはモンテに参戦するものの、その後は特定のラウンドにのみ出走する。フォードMスポーツ・プーマを駆るセバスチャン・ローブとのバトルの可能性は、今シーズンのハイライトの1つになるかもしれない。

過去2シーズン、オジェに肉薄したエルフィン・エヴァンスがトヨタの名目上のチームリーダーとなり、若手のカッレ・ロバンペラがセカンドカーに乗り込む。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ピアス・ワード

    Piers Ward

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ ヤリスの人気画像