新型シトロエンC5 X 英国発売 価格は約410万円から クラスをまたぐ斬新スタイル

公開 : 2022.01.18 18:25  更新 : 2022.01.18 19:23

シトロエンの新たな旗艦モデル、C5 Xが英国で発売。最高出力225psのPHEVも設定されています。

新時代のフラッグシップモデル

シトロエンのフラッグシップモデル、新型C5 Xが英国で発売された。価格は2万6490ポンド(約410万円)からで、パワートレインはガソリンとプラグイン・ハイブリッドから選択可能だ。

C5 Xは、従来のSUVのデザインを踏襲しながらも、セダンを思わせるシルエットと「ステーションワゴンの多用途性と実用性」の両立を謳っており、長距離走行時の洗練性が特徴とされる。

シトロエンC5 X
シトロエンC5 X    シトロエン

クラスをまたいでさまざまなユーザーを惹きつけることが期待され、購入者の約25%はワゴンから、21%はセダンから、15%は小型SUVから乗り換えると予想されている。

英国では、最高出力130psの1.2Lガソリン、または180psの1.6Lガソリンエンジン、さらにシトロエンC5エアクロスに採用されている225psのプラグイン・ハイブリッドが用意されている。

ハイブリッドモデルの価格は3万5190ポンド(約550万円)からで、12.4kWhのバッテリーを搭載し、EVモードでは55kmを走行できるという。110psの電気モーターは、スポーツモードで最大出力を得るためにエンジンと組み合わせて使用することもできる。

SUV + ワゴン + セダン

エントリーグレードの「センス・プラス」には、19インチアルミホイール、LEDヘッドライト、レザー調のアドバンスト・コンフォート・シート、10インチのインフォテインメント・タッチスクリーンが装備される。

中間グレードの「シャイン」の価格は2万7990ポンド(約440万円)からで、サテンクロームトリム、ユニークなインテリアカラー、ステアリングホイールヒーター、12インチのインフォテインメント・タッチスクリーン、ヘッドアップ・ディスプレイが追加される。

シトロエンC5 X
シトロエンC5 X    シトロエン

最上級の「シャイン・プラス」では、電動シート(ヒーター付き)、遮音ガラス、電動トランクゲート、死角検知機能、360度パーキングカメラなどが追加され、価格は2万9980ポンド(約470万円)からとなる。

シトロエンによれば、車名の「X」は、「顧客のニーズの交差点」というポジショニングを意味し、SUVの高い車高、ステーションワゴンの広いリアキャビン、セダンの「エレガンス」を提供するモデルとされている。

その特徴的なスタイリング(特にLEDヘッドライトのデザイン)は、2016年に公開されたコンセプト「CXperience」から着想を得ている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像