アバルト595に新グレード「F595」 5速MTのみ/左右ハンドル ベース595は販売終了へ

公開 : 2022.05.31 11:56

アバルト595「F595」が新設定。本国では595ピスタの後継。ベース595は在庫がなくなり次第、販売終了。

アバルト595 F595 ピスタの後継

ステランティス・ジャパンは、アバルト595に新グレード「F595(エフ・ゴ・キュウ・ゴ)」を設定した。正式車名は、アバルト595 F595となる。

トランスミッションは5速マニュアルのみ。左/右ハンドルから選べる。メーカー希望小売価格は390万円(税込み)。2022年7月9日(土)より、全国のアバルト正規ディーラーにて販売する。

アバルト595 F595
アバルト595 F595    ステランティス・ジャパン

F595は、イタリア本国では595ピスタ(日本では2020年5月〜限定車として展開)の後継に位置付けられる。

アバルトはF595について「ロングツーリングでの快適性とワインディングロードでの俊敏性といった、相反する要件を高次元で満たすバランスの取れたサスペンションやパワートレイン、シリーズきっての個性的なエクステリアを特徴とします」とコメントする。

従来の595ベースモデルは、在庫がなくなり次第、販売終了となる。

アバルト595 F595 内外装の違い

F595の外装

外装は、5種類のベースカラーに、特定のアクセントカラーを組み合わせた5バリエーションとなる。アクセントカラーは、フロント/リアバンパーの一部とドアミラーに配される。

さらにF595の大きな特徴が、専用にアレンジされたエグゾースト・システム「レコードモンツァ」のレイアウト。テールエンドは、ハの字に配されたツインデュアル式となる。

F595の内装

アバルト595 F595のテールエンドは、ハの字に配されたツインデュアル式となる。
アバルト595 F595のテールエンドは、ハの字に配されたツインデュアル式となる。    ステランティス・ジャパン

ブラックを基調とした内装には、ヘッドレスト一体型のスポーツシートやレザーシフトノブが採用される。

またフルオートエアコンやリアプライバシーガラス、ヒーター付きドアミラーなど快適装備も揃う。

アバルト595 F595 パワートレイン

F595は、最高出力165psを発生する1.4L直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載する。

イタリアとドイツのフォーミュラ4向けにアバルトが供給しているユニットとベースは同じ。

アバルト595 F595は、最高出力165psを発生する1.4L直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載。
アバルト595 F595は、最高出力165psを発生する1.4L直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載。    ステランティス・ジャパン

5速マニュアルトランスミッションは、ハイエンドスポーツモデル「595コンペティツィオーネ」同様、ワイドなギアレシオとなる。

「発進のしやすさや俊敏な加速性を備える一方、クルージング性能にも配慮しています」(アバルト)

アバルト595 F595 サス/ブレーキ

F595は、標準コイルスプリングにKONI製FSDショックアブソーバー(リア)が組み合わされたサスペンションを採用する。

「デイリーユースでも扱いやすい乗り心地を確保しながら、595シリーズの持ち前の俊敏性の高いハンドリング性能を発揮します」(アバルト)

アバルト595 F595には、デイリーユースでも扱いやすい乗り心地/俊敏性の高いハンドリング性能の両立をめざす。
アバルト595 F595には、デイリーユースでも扱いやすい乗り心地/俊敏性の高いハンドリング性能の両立をめざす。    ステランティス・ジャパン

ブレーキは、フロント・ドリルド・ベンチレーテッド・ディスクならびにフロント・ハイパフォーマンス・ブレーキパッドを組み合わせる。

「スポーツドライビング時のハードなブレーキングにも耐えうる優れた放熱性と制動力を発揮します」(アバルト)

記事に関わった人々

  • 執筆

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

おすすめ記事