新型シビック・タイプRがニュル激走 ホンダ、新たなサーキット走行動画公開

公開 : 2022.06.16 18:48  更新 : 2022.06.16 18:55

ホンダは新型シビック・タイプRの動画を公開。ドイツのニュルブルクリンクで5月に行われたというテスト走行の様子が確認できます。

ニュルブルクリンクを駆け抜けるタイプR

ホンダは、5月にドイツのニュルブルクリンク・サーキットで行われた、新型シビック・タイプRのテスト走行の動画を公開した。

テスト走行は量産前の最終開発車両によるもので、東京オートサロン2022で公開された車両と同様のカモフラージュが施されている。

新型ホンダ・シビック・タイプR
新型ホンダ・シビック・タイプR    ホンダ

ホンダは、「シビック・タイプR史上、最もパワフルで最高のパフォーマンス」を持つとし、2022年夏に正式発表すると述べている。

数値スペックはまだ明らかになっていないが、外観は新型シビックのイメージを引き継ぎつつ、リアウィングなどのエアロパーツやレッドのブレンボ製ブレーキキャリパーなどが、アグレッシブな雰囲気を醸し出している。

車体後部にはセンター出しとなる3本のエグゾーストパイプが顔を覗かせる。

FF最速記録は更新できるか?

4月には、鈴鹿サーキット国際レーシングコースにおいて、FFモデルで最速(2022年4月現在)となる、2分23秒120(ホンダ測定値)のラップタイムを記録している。

従来の最速ラップタイムは、徹底した軽量化や専用装備によりピュアスポーツ性能を追求した、先代のシビック・ライプRリミテッド・エディションが記録したものだ。

新型ホンダ・シビック・タイプR
新型ホンダ・シビック・タイプR    ホンダ

そのタイムを更新したことについて、ホンダは「新型シビック・タイプRのサーキット性能がさらに向上していることを示しています」とコメントした。

今回のニュルブルクリンクの走行で、ラップタイムを更新したかどうかは明らかにされていない。現在、ニュルのFF最速記録は2019年のルノーメガーヌR.S.トロフィーRの7分40秒1だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ホンダ シビックの人気画像