この見た目で公道OK? 1人乗り小型EV「スピアリング」 1億円以上の限定生産モデルとして発売へ

公開 : 2022.06.28 18:25

英国のマクマートリー社は、グッドウッド・サーキットでヒルクライム記録を更新した小型EVを、公道向けに改良して発売すると明かしました。

電動ファン付き「最速」EV 公道向けに生産決定

英国の新興自動車メーカー、マクマートリー・オートモーティブが、1人乗りEV「スピアリング」の公道向けモデルを発売することが明らかになった。

このスピアリングは、強制的にダウンフォースを発生させる電動ファンと、地面に密着するようなボディスカートが特徴的なスポーツカーだ。コンパクトながら、0-97km/h加速1.5秒、サーキットの記録タイムを塗り替える(後述)ほどのパフォーマンスを秘めている。

マクマートリー・スピアリング
マクマートリー・スピアリング    マクマートリー

AUTOCARの独占インタビューに応じたマクマートリーのマネージング・ディレクター、トーマス・イェーツは、これと同等のパワーを持つ公道モデルを生産すると明かした。

「ロンドンの中心部を運転し、そのままサーキットに持ち込めるクルマを提供したいのです」とイェーツは話す。

「スピードバンプ(クルマを減速させる段差)を超えるときなどは決して快適ではありませんが、そこは重要なポイントではありません。重要なのは、この刺激的でコンパクトなクルマが、どんなサーキットでも最速になれるということです」

「いくつかの点ではまだ初期段階ですが、プロトタイプは完全に動作します。このサーキットモデルを公道向けモデルにするうえで、どんな微調整が必要かを検討しているところですが、できる限り多くの部分を残しておきたいと考えています」

イェーツによると、非常に限られた台数のみが販売される限定生産モデルとなり、価格も「1億円以上」になるという。

驚異的なダウンフォース 無駄のないデザイン

スピアリングに搭載されている電動ファンは、1978年のブラバムのF1マシン「BT46」からインスピレーションを得ている。ファンを使用すると、停止状態でも2000kgのダウンフォースを発生するという。これは、240km/hで走行するF1マシンよりも大きい数値だ。ファンは公道向けモデルにも搭載される見込みだが、サーキット走行モードでのみ使用できるようだ。

性能諸元は明らかにされていないが、パワーウェイトレシオ(出力重量比)は1トンあたり1014psとされている。コックピットに60kWhのバッテリーを積み、複数の電気モーターを駆動するとのことだ。

マクマートリー・スピアリング
マクマートリー・スピアリング    マクマートリー

公道モデルではエアロパーツを減らし、ヘッドライトやワイパーを追加するなど、法律に適合するようさまざまな改良が施されるという。

イェーツはまた、次のモデルについても言及し、スピアリングと同様のスピード重視のデザインになると語った。

「次はもっと小さくなります。このクルマ(スピアリング)では、無駄なものが一切ない、コンパクトで軽量なドライビング・エクスペリエンスを実現することが目的でした。この方向性はずっと守っていきたいですね」

「多くの人に『2シーターは作るのか』と訊かれますが、2シーターは世の中にたくさんあります。今のところ、当社は余分なスペースがない素晴らしいクルマを作っていくつもりです」

スピアリングの公道向けモデルの発売日は未定だが、すでに予約は可能とのこと。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像