ランドローバーCEO 「半導体不足への対処は甘かった」 変革期の高級SUVブランド代表に独占インタビュー

公開 : 2022.07.01 21:05

ジャガー・ランドローバーのCEO、ティエリー・ボロレ氏に独占インタビュー。電動化や半導体不足、事業戦略の進捗について語ってくれました。

ドライビングに熱意 59歳の高級車ブランドCEO

ジャガーランドローバーのCEOであるティエリー・ボロレは、英国グッドウッド・サーキットの熱烈なファンであると言われている。2年前にCEOに就任して以来、グッドウッドで開かれるほとんどのイベントに出席しているのだ。

英国最大級の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」における有名なヒルクライムでは、シニアエンジニアのグラハム・モスが運転する新型レンジローバー・スポーツV8に同乗。クルマを降りた直後のボロレに、話を聞くことができた。

――グッドウッドの丘を走られたそうですが、いかがでしたか?楽しめましたか?

ジャガー・ランドローバーのティエリー・ボロレCEO
ジャガー・ランドローバーのティエリー・ボロレCEO

「もちろんです。でも残念ながら、助手席に座らなければいけませんでした。自分で運転したかったのですが、必要な資格を持っていないので、できませんでした。来年は自分で運転するようにします」

――グッドウッドのようなイベントは、ジャガーやランドローバーのようなブランドにとって重要だと思いますか?

「非常に重要です。現代の高級車ブランドとしての輪郭を、クルマそのものを大きく超えて拡張しなければなりません。そのためには、このような場所での体験が必要なのです」

品質面では大きく改善

――あなたの掲げる事業計画「Reimagine」は非常に急進的で、厳しいものです。計画通りに進んでいますか?

「はい、まったく順調です。計画より少し進んでいるところもあるかもしれませんね。確かに、ここ数か月は仕事に集中しているため、どちらかというと静かな状態が続いています。やるべきことはたくさんありますし、先はまだ長い。ですが、うまく進んでいますよ」

――Reimagine計画は、あなたが考案してから修正されましたか?

「そうでもありません。ただ、より早く進めるために、一部を簡略化しただけです」

――ジャガーとランドローバーのモデルは、過去に品質面で批判されたことがあり、あなたは改善を約束しました。その後、実現できましたか?

ランドローバー・レンジローバー・スポーツ
ランドローバー・レンジローバー・スポーツ

「はい。オフィスに戻ってグラフをお見せしたいくらいです。あらゆる面で進歩しましたが、特に最新モデルでは顕著です。新型レンジローバーは非常に高い水準、当社の最高水準を打ち出していますし、新型ディフェンダーも非常にうまくいっています」

半導体不足への対処は甘かった

――半導体の不足にはどう対処していますか?

「率直に申し上げて、問題が顕在化したとき、決していい状態ではありませんでした。準備不足で、かなり甘かったのです。サプライヤーは140社にものぼり、場合によっては、クルマの中のどこに半導体が使われているのかさえわからないこともありました」

「しかし、わたし達はこの問題に対して非常に熱心に取り組んできました。現在では、好意的に受け入れているサプライヤーの数は大幅に減り、彼らとの協力で大きな改善を実現しました。非常に難しい問題でしたが、長期的には大きな利益をもたらしてくれました」

――生産の状況はいかがですか?

ランドローバー・ディフェンダー90
ランドローバー・ディフェンダー90

「多くの企業と同じように、当社も苦労してきました。昨年は、作れるはずの台数の半分しか作れていません。(納車の)長い待ち行列ができるのも当然です。ご存知のように、当社は年間60万台から80万台の生産を目標としていますが、そのような数字には到底及びません」

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像