盗難マツダRX-7(FD)、バラバラでオーナーに返還 外国人経営中古車販売店付近で立て続けに 発見時の状況は?

公開 : 2022.07.11 05:45  更新 : 2022.07.11 10:10

盗難され、バラバラに解体されたFDがオーナーに返還されました。発見時の状況や警察の動きを取材しました。

同じ時期に近いエリアで

AUTOCAR JAPANでは2022年5月1日夜に盗難され、その後、茨城県境町にあるスリランカ人経営(親会社)の中古車販売店「ライオントレーディング」の敷地内にとめてあったトラックの中から5月2日発見されたシルバーのマツダRX-7(FD)について、5月4日に報じていた。

実はこのとき、もう1台、同じ時期に盗まれた白いRX-7(FD)がほぼ同じ場所でオーナー本人、および一緒に探していた仲間によって発見されていたことが明らかになった。

バラバラの状態で発見されたFD(RX-7)。境警察署内で撮影。
バラバラの状態で発見されたFD(RX-7)。境警察署内で撮影。

シルバーのFDは鍵穴近辺が破壊されていたものの、外観には大きな損傷はなく「ほぼ無傷」といえる状況だった。

しかし、同じ会社の敷地内で発見された白いFDのほうは、前後を切断され完全にバラされた状態で発見されている。

その後、バラバラにされた白いFDは警察に押収され約1か月半の間、警察署で保管されていた。

このほど、見分が終わってオーナーのところに戻って来たのである。

トラックの中から発見されたシルバーのFDとほぼ同じ場所。

その会社の経営者も駐車場などの所有者も同じであるにもかかわらず、盗んだのは誰なのか? 発見された場所を管理する会社は何と言っているのか? 警察はまだ「捜査中」とのことで、詳しいことは明らかにされていない。

なお、「自動車盗難情報局」によると、バラバラで発見された白いFDを含め、今年4月30日~5月2日の間に比較的近い範囲で以下の2台のFDが盗難車として登録されていた。

ちなみに、トラックの中から発見されたシルバーのFDも盗まれた場所は埼玉県内であり、また5月1日夜に盗まれたことがGPSの発信記録からわかっているが、自動車盗難情報局に登録をする前に発見されたため情報局への登録はされていない。

1台はバラバラに……

その2台とは以下となる。

千葉で盗まれたFD(マツダRX-7 FD3S)

・盗まれた場所:千葉県佐倉市井野の自宅駐車場
・盗まれた日時:2022年5月1日夜~5月2日未明
・ナンバー:千葉302ひ715
・車台番号:FD3S-60****
・特徴:ボディカラー白、タイプRZ 純正ホイール装着
・盗難場所の状況:自宅駐車場から持っていかれた
・盗難対策の有無:未記入

埼玉で盗まれたFD(マツダRX-7 FD3S)

画像は千葉で盗難されたFD。今だ有力な情報は得られていないという。
画像は千葉で盗難されたFD。今だ有力な情報は得られていないという。

・盗まれた場所:埼玉県さいたま市緑区美園
・盗まれた日時:2022年4月29日13時~4月30日13時の間
・ナンバー:千葉300ね5233
・車台番号:FD3S-30****
・特徴:テールランプを丸目に交換
・盗難場所の状況:自宅近くのマクドナルドのとなりにある賃貸駐車場で盗まれたことがわかった。ガラスの破片などはなし。
・盗難対策:施錠のみ

なお、千葉で盗まれたFDに関して、オーナーに話を聞いたところ、「気にかけてくださってありがとうございます。盗難されて2か月経ちましたが、何の情報もなく、警察からの連絡もありません。もう完全に諦めついたところです」との丁寧な回答をいただいた。

当時のツイートには以下のような情報もある。

「23時50分頃、仕事帰りに東金市東上宿のモスバーガー付近で不審に住宅地を3周ぐらい走ってたクルマ見かけました。ナンバープレート715は、見えました。一応警察に連絡しました」

ナンバーも同じでおそらくは盗まれたFDそのものだと思われるツイートで期待が持たれたが、結局発見には至らなかった。

記事に関わった人々

  • 執筆

    加藤久美子

    Kumiko Kato

    「クルマで悲しい目にあった人の声を伝えたい」という思いから、盗難/詐欺/横領/交通事故など、他があまり書かない物騒なテーマの執筆が近年は急増中。自動車メディア以外ではFRIDAY他週刊誌にも多数寄稿。現在の愛車は27万km走行、1998年登録のアルファ・ロメオ916スパイダー。クルマ英才教育を施してきた息子がおなかにいる時からの愛車で思い出が多すぎて手放せないのが悩み。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マツダの人気画像