北米マツダ CX-50にメリディアン・エディション追加 アウトドア志向モデル

公開 : 2022.08.03 00:14

マツダは北米専売のSUV CX-5にアウトドアを重視したメリディアン・エディションを追加しました。

2.5ターボにアウトドア志向装備を追加

北米マツダCX-5ターボ・メリディアン・エディションと呼ばれる新しいパッケージを発表した。さらにメリディアン・チョイス・パッケージおよびアペックス・パッケージを追加し、CX-50のラインナップを拡充した。

このモデルはCX-50 2.5ターボをベースに、ブラックメタリックの18インチホイールにファルケン製タイヤを装着したアウトドア仕様のパッケージだ。

マツダCX-50
マツダCX-50

アウトドアでの使用を意識したデザインが与えられ、ヘッドランプ・ガーニッシュやフードグラフィック、サイドロッカーパネルが専用品となっている。

外装色にはポリメタルグレーまたはジルコンサンドが、内装にはテラコッタレザーとブラックのアクセントが採用されている。

さらに装備を充実させるパッケージも

このメリディアン・エディションにはiアクティブAWDシステムおよびスカイアクティブ-Gの2.5L 4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力256ps、最大トルク42.0kg-mを発生する。

6速ATが組み合わされ、ノーマル、スポーツ、オフロード、トーイングの各ドライブモードが選択可能なMiドライブが搭載される。

マツダCX-50
マツダCX-50

さらに究極のアドベンチャー装備を追加するエイペックス・パッケージを選択すれば、ルーフのクロスバーや前後のスプラッシュガードが与えられる。

このクロスバーにより、純正アクセサリーであるルーフトップテントの取りつけやアウトドア用品の収納が可能になる。

通常グレードにも類似パッケージを設定

また通常モデルにおいても、メリディアン・チョイス・パッケージが新たに設定された。こちらでもルーフのクロスバーやスプラッシュガードに加え、外装各部のガーニッシュなどが追加される。

さらにメリディアン・エディションとは異なるデザインのマットブラック・ルーフグラフィックが与えられるとのことだ。

マツダCX-50
マツダCX-50

マツダは2.5S、2.5ターボ、メリディアン・エディションのすべてのXC-50ユーザーに対し、アウトドアを満喫してもらいたいと考えている。これを実現すべく、マツダ現行モデルの中で最も充実したアウトドア・アクセサリーを提供する方針だ。

また2023年モデルよりCX-50全モデルの価格が750ドル(10万円)アップし、27750ドル(365万円)からに改定される。

記事に関わった人々

  • 執筆 / 翻訳

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事