サンヨンの新しいBセグメント・クロスオーバー

公開 : 2014.08.13 22:10  更新 : 2021.03.05 21:35

韓国の自動車メーカー、サンヨンは、来年のジュネーブ・モーターショーに、X100とネーミングされたBセグメントのクロスオーバーを発表する予定だ。

2011年にXLVとSIV-1としていコンセプト・モデルが発表されたもののプロダクション・モデルで、日産ジューク、プジョー2008、ルノー・キャプチャーがライバルになると想定しているよううだ。

X100は、最終的なコンセプト・モデルが、今年10月のパリ・モーターショーに出展される予定。このコンセプト・モデルがプロダクション・モデルに非常に近いスタイルとなるという。

当初は5シーター・モデルが発売され、遅れてロング・ホイールベースの7シーター・モデルが追加される予定。

エンジンは新しい4気筒の1.6ℓガソリンおよびディーゼルで、共にユーロ6のエミッションをクリアしている。トランスミッションは6速マニュアルが標準で、6速のCVTがオプションとなる。また、ハイブリッド・モデルの計画もあるようだ。

価格は£14,195(244万円)で、ルノー・キャプチャーよりも下となる。ひょっとすれば、£12,500(215万円)程度になるかも知れない。

サンヨンのスポークスマンは、AUTOCARにX100が「インターナショナルな」アピールをするに充分なモデルだと語っている。

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / 日産ジューク・アセンタ・プレミアム dCi 110
▶ 海外初試乗 / 日産ジューク 1.2DIG-T 115プレミアム
▶ 海外初試乗 / 日産ジューク1.5dCi 110
▶ 海外初試乗 / プジョー2008 1.6 e-HDi 92
▶ 海外初試乗 / プジョー2008 アリュール 1.6 e-HDI 115
▶ 海外初試乗 / ルノー・キャプチャー dCI90 ダイナミック

関連テーマ

人気テーマ