ジャガーFタイプ2024年モデル日本受注開始 最後の内燃機関モデル ジャガースポーツカー75周年の歴史に幕

公開 : 2023.03.23 06:45

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、Fタイプ2024年モデルの受注を開始しました。

Fタイプ 最後の内燃機関モデル

ジャガーランドローバー・ジャパンは、Fタイプ2024年モデルの受注を2023年3月22日より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークを通じて開始した。

2024年モデルは、1948年の「XK120」から始まったジャガースポーツカーの歴史が75年目という節目を迎えるモデルイヤーであると同時に、内燃機関を搭載した最終モデルとなる。

ジャガーFタイプ2024年モデルはジャガースポーツカー誕生75周年を記念した最後の内燃機関モデル。
ジャガーFタイプ2024年モデルはジャガースポーツカー誕生75周年を記念した最後の内燃機関モデル。    ジャガー・ランドローバー・ジャパン

パワートレインは、2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P300:最高出力300ps、最大トルク40.8kg-m)、5.0L V型8気筒ガソリンエンジン(P450:最高出力450ps、最大トルク59.1kg-m、P575:最高出力575ps、最大トルク71.kg-m)の3種類で、全4機種展開。

また、75周年を記念し、「Fタイプ75」(クーペ/コンバーチブル)と「FタイプR75」(クーペ)の2つのグレードも設定し、エクステリアブラックデザインパックやインテリアブラックパック、リミテッドエディションインストゥルメントパネルフィニッシャー&トレッドプレートなど特別な装備を採用。

さらに、エクステリアカラーにはジオラグリーンを追加。20インチ「スタイル5060」アロイホイール(グロススパークルシルバーフィニッシュ)を標準化(「FタイプRダイナミック」)。

Fタイプ2024年モデルの価格(消費税込)は、クーペが1043万円~1790万円。コンバーチブルが1833万円。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事