BMW アクティブハイブリッド7 M Sport

公開 : 2013.11.26 17:48  更新 : 2017.05.29 18:00

マイチェン前のと違って、今度は“フルハイブリッド”。パワートレインの構成は、前から順にエンジン→“分離クラッチ”(油圧多板)→モータージェネレーター→8段A/T(本体内に“スタータークラッチ”あり)。リチウムイオン二次電池の電力容量は1.35kWhで、アウディA6ハイブリッド(1.3kWh)とほぼ同じ。ちなみに、マイルドハイブリッドだったときのは0.8kWh。

「日産フーガとほぼ同じタイプの1モーター2クラッチの……」だという。A/T内の“スタータークラッチ”は、始動時のショックやトルク変動を逃がすためのものであろうか(もう一方をあえて“分離クラッチ”と呼んでいるところからして)。なお、エンジン始動は①フツーのエンジン車と同じ位置にあるスターターかまたは②補機駆動ベルトを通じてオルタネーター(資料に“SGR”とあるのはスターター/ジェネレーターの略か)で。静止時は前者、走行中は後者、ということだろうか。あと、エアコンはもちろん電気駆動。エンジン停止中にも冷気はヌルくならない。

車両重量2.1t(1020kg+1080kg)。ただしベースの重さがそれなりなので、ことさら重たくなった印象はなくフツー(ハイブリッド化による重量増加は5よりもむしろわずかに軽微)。距離にして最長3〜4kmの、速度にして最高60km/h(ECO PROモードだと80km/h)までEV走行できるというのが納得の電気ぶり。エンジン停止だけなら160km/hまで可。ただし、エネルギーフローのモニター画面を出していなかったら同乗者には気づかれないかもしれないぐらいにハイブリッドぶりはフツーで快適(……だからといってことさら驚けないことにいまはもうなってしまっているけれど)。それ専用デバイスを使うからか、始動スムーズ。

箱根の山を降りる途中でオンボードコンピューターをリセット。盛んに回生&盛んにEV走行。ほぼ麓まで降りた時点でチェックしたところ、平均19.2km/ℓ。1分間毎燃費を最大8分ぶん表示する棒グラフ画面には天井を打った(40km/ℓ以上の意)バーが8本、キレイに並んでいた。

(文・森 慶太 写真・花村英典)

BMW・アクティブハイブリッド7 M Sport

価格 1198.0万円
0-100km/h 5.7秒
最高速度 250km/h
燃費 14.7km/ℓ
CO₂排出量 158g/km
車両重量 2080kg
エンジン形式 直6DOHCツインターボ, 2979cc
エンジン配置 フロント縦置き
駆動方式 後輪駆動
エンジン最高出力 320ps/5800rpm
エンジン最大トルク 45.9kg-m/1300-4500rpm
圧縮比 10.0:1
電気モーター 55ps/21.4kg-m

システム出力/トルク 354ps/51.0kg-m

変速機 8段A/T
全長 5080mm
全幅 1900mm
全高 1475mm
ホイールベース 3070mm
燃料タンク容量 80ℓ
荷室容量 360ℓ
サスペンション (前)ダブルウィッシュボーン
(後)インテグラルアーム
ブレーキ (前後)Vディスク
タイヤ (前)245/40R20
(後)275/40R20

関連テーマ

 
最新試乗記